プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

朝比奈彩、初体験のブラジリアン柔術にハマる「絞め技は簡単だった」

26日深夜放送の『朝比奈彩のJIU‐JITSU STYLE』(C)フジテレビの画像

26日深夜放送の『朝比奈彩のJIU‐JITSU STYLE』(C)フジテレビ

 タレントの朝比奈彩が、26日深夜放送のフジテレビ『朝比奈彩のJIU‐JITSU STYLE』(※関東ローカル 深1:55)に出演。体当たり取材で、ブラジリアン柔術の魅力に迫る。

【番組カット】絞め技を練習する朝比奈彩

 今、世界的に「JIU-JITSU」(ブラジリアン柔術)が流行している。ミラ・ジョヴォヴィッチ、スカーレット・ヨハンソン、ナオミ・ワッツらセレブリティがこぞってハマり「体幹が鍛えられてダイエットにも効果あり」「小さい力でも大きな相手を倒せる」だけでなく、チェスのように頭を使い攻略していく“知的格闘技”としても人気となっている。

 そもそも日本発祥の「柔術」がブラジルに渡り、テクニックの改良が行われ形を変えたのが「JIU-JITSU」。海外では、ヨガやサーフィンのようにおしゃれな趣味としてブームに火が付き、デザイン性の高い柔術着が発売されると即完売するほど。アメリカの企業では、ブラジリアン柔術を福利厚生で取り入れているところもあるという。

 「この流行に乗ってみたい…でも本当に楽しいの?何からやればいいの?」そんな思いを抱いている人は多いはずということで、朝比奈が立ち上がった。日本でも増えてきている女性の“柔術家”4人に会いに行く。元々格闘技が好きで長年キックボクシングを習った経験はあるものの、ブラジリアン柔術は初体験だという朝比奈は、自身も道着に着替え、まさに体当たり取材する。

 収録を終えた朝比奈がコメントを寄せた。

――収録の感想・手応えは?
最初は難しかったのですが、だんだん頭と体が連動して、しっかり技を仕掛けられたときに“面白い!”と感じるようになってきました。取材を通じて皆さんのお話も聞かせていただいて、体型が維持されたり、頭も使ったり、いろいろな面でいい運動だな、と思いました。

――朝比奈さんは初心者ということですが、皆さんからほめられていましたね?
覚えがいいね、と言ってくださったのですが、きっとモチベーションを上げるために言ってくださっているのだな、と思っていました(笑)。最初は不安が大きかったのですが、取材の回数を重ねるごとに楽しくなってきて“自分の覚えがいいのかも!”と思えるようになってきました。でも難しいですよ。手をひとつやればいいということではなく、ふたつめ、みっつめを考えていくわけですからね。

――なぜJIU-JITSUが日本でも注目されはじめていると?
女性でしたら、男性に守ってもらうという意識が減ったということじゃないですか。自分のことをしっかり守る、という考え方が海外で流行ってそれが日本でも定着していくのかな、と。JIU-JITSUってその技が本当に面白くて、例えば相手が大きな男性でも、小さな女性がその力を使って、はね返したり絞めたりすることができるんです。ただの力対決にはならないのです。

――ステキな柔術着が増えているということで形から入るのはアリですか?
いいと思います! 私もそうです(笑)。白いがっちりしている柔道着みたいなものではなく、今回もピンクやグリーン、刺しゅう入りなどおしゃれな柔術着を着させていただきました。きっかけも人それぞれで、やせたいという理由でもいいし、回りの人と一緒にやってみたい、でもいいですし。“私なんてー”って思っていた人が意外とはまっているそうですよ!

――朝比奈さんはJIU-JITSUにハマりそうですか?
はい! 続けてみたいと思いました。強くなりたいですからね。モデルは華奢なイメージで、“折れちゃいそう”という印象をもたれがちですが、私は陸上もキックボクシングやボクシングもやってきたので、がっちりしています。絞め技は簡単だったので(笑)、男性にも負けないようにどんどんやっていきたいと思います。JIU-JITSU人口が増えていくといいですね!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ