プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Netflix映画『彼女』水原希子&さとうほなみの“女優魂” 細野晴臣が絶賛

Netflix映画『彼女』(4月15日より独占配信)キーアートの画像

Netflix映画『彼女』(4月15日より独占配信)キーアート

 水原希子・さとうほなみが演じる女性2人の逃避行を描く、Netflix映画『彼女』(4月15日より独占配信)の予告編と朝日の中で寄り添う二人の姿を切り取った解禁されたキーアート、そして本作のテーマ曲を制作した細野晴臣のコメントを紹介する。

【動画】Netflix映画『彼女』予告編

 原作は、中村珍氏の「羣青」(小学館IKKIコミックス)。恵まれた人生を送るかに見えて、実は家族に同性愛者であることを隠していることに悩む永澤レイ(水原)。夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵(さとう)。高校時代から同級生の七恵に恋をしていたレイは、七恵を救うために夫を殺害する。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱きつつ助けを求める七恵と、そんな彼女を救うためすべてを受け入れるレイ。互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあう2人。正しいことも悪いことも、善も悪も超えた彼女たちの逃避行を描く。

 監督は、『ヴァイブレータ』(2003年)、『軽蔑』(11年)、『彼女の人生は間違いじゃない』(17年)、『ここは退屈迎えに来て』(18年)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一。

 予告映像では、夫からの暴力で死を口にするほど傷つけられた七恵を前に「旦那が死ぬべきでしょ」と憤るレイ。虚ろな表情で「だったら殺してくれる?」と七恵。殺人という罪を犯し、帰る場所もなくしてしまったレイは、不安そうな七恵に「もう誰もアンタを殴らない! 蹴らない!」と、あえて軽快に呼びかける。

 名曲「CHE.R.RY」を口ずさみながら車を走らせ、全てから解放されたような笑顔を浮かべながら旅を続けていく二人から一転、「あんたが殺しちゃったんだからこうなったんじゃない!」という叫びと共に、どうしようもない気持ちをぶつけ合うレイと七恵。やがて朝日を浴びながら身を寄せ合う二人は、果たしてどこかにたどり着けたのか――。「誰のためだったら、人を殺せる?」という問いかけが、さまざまな感情を観る者の中に呼びおこす。

 本作のテーマ曲を制作した細野は「昨年は地球規模の災厄により、自分の音楽活動も内にこもる日々でした。そんな時に救われたのが映画音楽で、廣木隆一監督から『テーマになるような音楽を1曲』という、とても魅力的なオファーが届きました。その1曲を分解し使う手法もすごい。主演お二人の『女優魂』に圧倒され、音楽を提供したことも忘れて魅入ってしまいました」と、コメントを寄せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ