プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『エアガール』広瀬すず×坂口健太郎の胸キュン写真公開 2人が見つめ合う

ドラマ『エアガール』で見つめ合う広瀬すずと坂口健太郎(C)テレビ朝日の画像

ドラマ『エアガール』で見つめ合う広瀬すずと坂口健太郎(C)テレビ朝日

 広瀬すずが主演し、戦後初のCA(キャビンアテンダント)役に挑むテレビ朝日系スペシャルドラマ『エアガール』が、きょう20日の午後9:00から放送される。放送に先駆けて、広瀬と坂口健太郎が見つめ合う、もどかしすぎる胸キュンカットが先行公開された。

【写真】見つめ合う広瀬すずと坂口健太郎の別カット

 『エアガール』は、“空”へのあこがれを胸に、持ち前のチャレンジ精神で戦後初のCAとなったひとりの女性・佐野小鞠の奮闘を描く物語。坂口、藤木直人、山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花、橋爪功、松雪泰子、吉岡秀隆らが集結し、小鞠の青春とともに、GHQに航空関係の活動を一切禁止されていた苦難の時代、日本人の手で航空事業を立ち上げるという壮大なミッションに挑んだ男たちの熱き戦いも描かれる。

 小鞠と、坂口演じるパイロット志望の青年・三島優輝の“淡い恋”も注目ポイントに。小鞠と三島が運命の出会いを果たしたのは、小鞠の叔母・千代(松雪)が営む料亭。店を手伝っていた小鞠は、客として訪れていた当時の逓信省航空保安部長・松木静男(吉岡)の熱弁に思わず聞き入ってしまい、松木の部下である三島にとがめられてしまう。

 第一印象は、互いに最悪だった2人。ところが、三島は特攻隊員として戦死した小鞠の兄の親友だった事実が判明。三島は空への憧れを募らせる小鞠の思いを受け止め、エアガールの仕事へと導いていく。夢に向かってひたむきな小鞠、実直でやさしい三島。お互い心の奥底でひかれあっているものの、物語の舞台は日本が立ち上がろうとあがく戦後の混乱期。この時代だからこそ、見ているこちらがじれったくなるようなピュアな恋模様が繰り広げられていく。

 先行公開された小鞠×三島の2ショットは、5カット。そのうち、三島から小鞠へ“あるモノ”を手渡すシーンのほかは、すべて2人の間には微妙な距離が。令和の恋愛ドラマで描かれる恋人同士とはまったく異なる様相を呈している。小鞠と三島の淡い恋はどんな結末を迎えるのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ