プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

新型コロナ当初にあった隠蔽 中国の女性医師の“消された手記”を公開

「武漢市中心病院」の救急病棟で、主任を務める艾芬(アイ・フン)医師(C)フジテレビの画像

「武漢市中心病院」の救急病棟で、主任を務める艾芬(アイ・フン)医師(C)フジテレビ

 フジテレビでは、20日に『土曜プレミアム 報道スクープSP 激動!世紀の大事件8』を放送(後9:00)。新型コロナウイルス発生当初、中国で行われていた隠蔽(いんぺい)の真相を伝える。

【番組カット】消された手記も公開

 新型コロナウイルスが世界で最初に確認されたとされる中国・武漢市の病院で、この未知のウイルスの存在にいち早く気付き、誰よりも早く警鐘を鳴らした女性医師がいる。「武漢市中心病院」の救急病棟で、主任を務める艾芬(アイ・フン)医師だ。艾医師は、2019年12月に院内の患者から「SARSの一種」(後に新型コロナウイルスと判明)が確認されると、その危険性を同僚医師らに伝えた。

 艾医師からのメッセージを受け取った医師の中には、この情報をSNSで世界に発信、後に自らも感染し、命を落とした眼科医の李文亮(リ・ブンリョウ)医師もいた。しかし艾医師によるこの警鐘を、病院幹部は隠していた。艾医師は2020年3月、中国の雑誌に手記を発表したが、中国政府はこの雑誌を回収、さらにネットに掲載された手記に関する記事も瞬く間に削除されてしまった。

 しかし、その内容を世界に伝えようとした中国の人々が、さまざまな言語やモールス信号、点字などに変換して発信。番組はこの手記を入手し、艾医師の“消された手記”には何が書かれていたのか、艾医師と同じ病院でコロナ患者と向き合ってきた看護師が初めて取材に応じ、新型コロナの感染が確認されるまでの経緯、幹部による隠蔽がどのように行われたのかについての生々しい証言をもとに、知られざる真相に迫る。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ