プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『戦場のメリークリスマス』盗難ポスター、戻ってきた

返却された『戦場のメリークリスマス』オリジナルポスターの画像

返却された『戦場のメリークリスマス』オリジナルポスター

 東京・新宿武蔵野館に展示され、何者かによって持ち去られていた大島渚監督の代表作『戦場のメリークリスマス』の海外版ポスターが18日、同映画館に無事、返却されたことがわかった。

【場面写真】『戦場のメリークリスマス』『愛のコリーダ』

 同映画館では、『戦場のメリークリスマス 4K修復版』と『愛のコリーダ 修復版』がそれぞれ劇場公開されることを記念して、2月26日から両作品のポスター展を開催。大島渚プロダクションが特別に貸し出した、公開当時のポスターや海外版ポスターなど、貴重なポスターの数々が展示されていたが、今月15日朝、展示物のポスターが1枚持ち去られ、被害届を出す事態となっていた。

 配給会社のアンプラグドは、「去る3月15日午前に盗難されました『戦場のメリークリスマス』海外版オリジナルポスターにつきまして。本日3月18日に、差出人不明で新宿武蔵野館に返却されたという連絡を受けました。弊社も先ほど劇場に伺いまして、それが現物であることを確認いたしました」と、発表。

 「弊社としましては、ポスターが無事戻りましたので、権利元である大島渚プロダクション様とも協議いたしまして、これ以上の詮索は行わないつもりでございます。ただし警察によりますと、捜査は今後も継続されるとのことです」と、報告した。

 今回の盗難事件により、ポスター展は中止となっていたが、同劇場でレプリカ版のポスター展示に変更。当該ポスターに関してもレプリカを展示する予定。

 「配給会社としましては、今後このようなことが無いようセキュリティを強化し、一層の再発防止に取り組んでまいります。今回、ご心配を頂いたファンの方、関係者の皆様には心より御礼申し上げます」と、伝えている。

 『戦場のメリークリスマス 4K修復版』は4月16日から、『愛のコリーダ 修復版』を4月30日から、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次“連続”公開。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ