プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

きのこ帝国・佐藤千亜妃、『レンアイ漫画家』に初のドラマ主題歌書き下ろし 

4月期木10『レンアイ漫画家』の主題歌を担当する佐藤千亜妃の画像

4月期木10『レンアイ漫画家』の主題歌を担当する佐藤千亜妃

 4人組バンド・きのこ帝国(活動休止中)でボーカル・ギター・作詞・作曲を担当し、ソロでも活動する佐藤千亜妃が、4月スタートの鈴木亮平主演ドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系/毎週木曜 後10:00)の主題歌を担当することが発表された。佐藤がドラマ主題歌を担当するのは初で、新曲「カタワレ」を書き下ろした。

【ドラマビジュアル】“漫画一筋”鈴木亮平&”ダメ男ホイホイ女子”吉岡里帆

 佐藤が「“かけがえのない誰かに出会う”“人生の伴侶をみつける”というテーマに、登場人物の心象風景も想像しながら楽曲制作に臨みました」と語るように、鈴木演じる主人公・清一郎や吉岡里帆演じるあいこなど、さまざまな登場人物が不器用ながらも恋の悲喜劇を繰り返し、人生の相方を探していく本作にふさわしい楽曲となっている。

 原作漫画を読んでおり、オファーに運命的なものを感じたという佐藤。「“かけがえのない誰かに出会って、世界の見え方が変わる”というテーマは、自分の音楽人生のなかで描き続けてきたことでもあったので、そこがリンクしたことが感慨深いです。人間臭いジレンマや誰かと生きる喜びが、ぎゅっと詰まった楽曲になったと思います」と主題歌について語った。

 主演の鈴木も「初めてデモを聞かせていただいた時から、この曲と恋に落ちました。それから何度、この曲を聞きながらドラマの現場に向かったことでしょう」と絶賛。「私にとって、毎日抱き寄せたくなるような、お気に入りのクッションのような、そんな愛(いと)おしい曲になりました。皆さんにも、『カタワレ』を愛していただけたら幸いです」と楽曲の素晴らしさを表現している。

 同ドラマは、講談社モーニングKC刊で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスが原作で、全5巻を発刊。鈴木演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)と、吉岡演じるダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)。恋に不器用な2人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリーとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ