プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

仲村トオル、広瀬すずの父役に起用 『ネメシス』追加キャストに真木よう子ら決定

新日曜ドラマ『ネメシス』に出演する仲村トオル (C)日本テレビの画像

新日曜ドラマ『ネメシス』に出演する仲村トオル (C)日本テレビ

 女優の広瀬すずと嵐の櫻井翔がW主演する4月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ネメシス』(毎週日曜 後10:30)の追加キャストが決定。広瀬演じる美神アンナの父で科学者・美神始を仲村トオルが演じるほか、真木よう子、石黒賢、山崎紘菜らが出演する。アンナと、櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希の凸凹バディによる探偵事務所ネメシスが追う『20年前の事件』という最大のミステリーの鍵を握る4人となっている。

【写真】“20年前の事件”に絡む重要な人物を演じる真木よう子

 仲村演じる始は、アンナの父親であり、ネメシスのCEO・栗田一秋(江口洋介)の古くからの親友。インドでアンナと2人で暮らしていたが、突じょ、謎の失踪をしたためにアンナは風真と栗田の力を借りて父親捜しに奔走する。そこに絡むのが、始の同僚である、神田水帆(真木)と大和猛流(石黒)。そして、存在の全てが謎に包まれている美馬芽衣子(山崎)だ。

 各話を通してこの『20年前の事件』と『探偵事務所ネメシス』の物語が平行して描かれるなか、4人はこのミステリーをさらに盛り上げ、観る者を過去の迷宮に連れて行くことに。ネメシスの最大ミッションとなるアンナの父親・始の失踪に絡む謎が、ラストに向けて大きなうねりとなって最大の見せ場になっていく予感。一体誰が黒幕なのか。

 北島直明プロデューサーは「何を説明してもネタバレになってしまうので…」とキャラクター設定すらも秘密にする一方で「ひとつだけ言える事は、『20年前の世界』にも風真と栗田が登場しますが、現代の彼らとはまるで違うキャラクターになっています」と20年前の事件に風真と栗田が絡んでいる、ということのみ明かされている。

 今作の演出を務める入江悠監督作品は3年半ぶりとなる仲村は「演技の自由度が高いというか、芝居に集中できています。脚本を読んだ段階で『とっても面白いものになりそうだ』という予感がして、ぜひ、参加したいと思いました。僕が出ているシーンと探偵事務所のシーン。トーンは(脚本上でも)かなり違うんです。櫻井くんも『まるで別のドラマのよう』という風に言っていましたが、どんな仕上がりになっていくのか楽しみです」と期待を寄せる。

 ちなみに今作ではアンナ&風真と、現場ではちあわせ、犯人捜しのバトルを繰り広げる神奈川県警捜査一課の刑事・千曲鷹弘“タカ”(勝地涼)、四万十勇次“ユージ”(中村蒼)、小山川薫(富田望生)のトリオが登場。仲村は「スケジュール表に、タカ、ユージ、薫、という役名があると、条件反射的に『あ、俺も現場に行かなきゃ』と(笑)」と、自身の代表作『あぶない刑事』と同じ役名に親近感を抱く。「30年以上前に生まれた作品をこういう形で残してもらって、ありがたいですけど、ネメシス出演者の中で、彼らの出演シーンを一番厳しい目で観てしまうかもしれませんね(笑)」と茶目っ気あふれるコメントを寄せている。

■キャストコメント

<仲村トオル>
入江組は約3年半ぶりです。演技の自由度が高いというか、芝居に集中できています。脚本を読んだ段階で「とっても面白いものになりそうだ」という予感がして、ぜひ、参加したいと思いました。僕が出ているシーンと探偵事務所のシーン。トーンは(脚本上でも)かなり違うんです。櫻井くんも『まるで別のドラマのよう』という風に言っていましたが、どんな仕上がりになっていくのか楽しみです。
あとは……、スケジュール表に、タカ、ユージ、薫、という役名があると、条件反射的に「あ、俺も現場に行かなきゃ」と(笑)。30年以上前に生まれた作品をこういう形で残してもらって、ありがたいですけど、ネメシス出演者の中で、彼らの出演シーンを一番厳しい目で観てしまうかもしれませんね(笑)。
僕が担う役割は“神の領域に手を触れてしまった”ような謎の部分。最初に“ネメシス構想”を聞いたとき、僕自身としては“未来が幸せになる方向”に進めばいいなと感じたんですが、その“謎”が人間を幸せにするのか、不幸にするのか、ラストに向かって解明されていくと思います。

<真木よう子>
入江監督とは久しぶりの現場ですが、テレビドラマも監督されることが驚きだったし、出演者のみなさんが豪華ですし、監督が求める以上のことをされる役者さんたちばかりなのでそこに参加できるのはとてもうれしいです。探偵もので解決していくことが、入江さんマジックで、一筋縄でいかない展開になっていると想像もできますし、視聴者としても今から楽しみです!一話完結ものでありながら、軸にあるとても重大な事実が隠されていて、徐々に分かっていくところに、見ている人もはまっていくんじゃないかなって思います。
「あ!」みたいに声上げて観られると思いますよ(笑)。

<山崎紘菜>
探偵モノで、コミカルなシーンもたくさんあって、広瀬さんのアクションとか、いろんな要素が一つになっていて。さらに、とても豪華な役者の皆さんが集結されているので、誰に注目して観ても、一人一人から目が離せない作品だと思います。
私は過去のシーンでの登場になるのですが、ちょっとずつ私が出てくる伏線があって、ゆくゆくはズバっと気持ちよく一本の糸で繋がるので、その快感を皆さんにぜひ味わってほしいと思います。
謎解きも面白い作品となっているのですが…ネタバレになるから多くは言えないですけど、私が出演する過去の部分にもドラマや親と子の絆が繊細に描かれているので、探偵事務所のドタバタや謎解きを楽しみにしつつ過去の人間ドラマも楽しみにしていただけたら嬉しいです。

<石黒賢>
オリジナルで謎解き、ミステリーの要素もあり、いろいろ予想を裏切っていく作品にできたらいいなと思っています。
同じ頃にデビューして一緒にやってきた仲村トオル君や江口洋介君、櫻井君も共演をしているので気心が知れていて、そんな連中とできるのも楽しいです。
今回出演したいと思った理由のひとつは入江悠監督と一緒に仕事ができるという事でもあったので、ワクワクしています。このドラマは、一度観ただけではわからないかもしれませんが、その分からない面白さを楽しんで頂けたらと思います。様々な伏線が……。
僕の役は……ネタバレになるので多くは言えないけど(笑)、どういう風にやっていこうかなと楽しみです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ