プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

齋藤飛鳥、コロナ禍でのファンの行動に感激「行動をおこしてくれた方がいて、個人的に嬉しかったです」

新CM「応援メッセージ」篇に出演した齋藤飛鳥の画像

新CM「応援メッセージ」篇に出演した齋藤飛鳥

 乃木坂46の梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香、久保史緒里、齋藤飛鳥らが、日本赤十字社の献血つながりプロジェクト「みんなの献血」の新CM「応援メッセージ」篇に出演。これまでに献血を経験したことのない人が献血することで「新しい自分、新しいステージにチャレンジしてほしい」という前向きなメッセージとともに、若年層へ献血の協力を呼びかけた。

【画像】監督のリクエストを真剣な表情で聞く齋藤飛鳥ら乃木坂46メンバー

 「みんなの献血」とは、少子高齢化に伴い若年層献血者が年々減少を続けている現状に対して、献血を通じて体験できる、いくつもの出会いや感動を届け、大切な人につなげるプロジェクトで、献血という文化を当たり前に感じてもらうことを目的としている。

 昨今はコロナ禍で、高校や大学への献血バス配車機会が減少し、若年層の献血者が減ってきている。このような現状について齋藤飛鳥は、「先日行われた「ミート&グリート」(握手会の代わりに行っているオンラインイベント)に来てくれた同世代のファンの方が『今ちょうど献血してきたよ』って教えてくれた」とファンとのエピソードを披露。「自分のファンのなかに、(献血に関する)現状を理解して、何か力になれないかと思って行動を起こしてくれている方が一人でもいたことが、個人的に嬉しかったです!」と話した。

 この春に新社会人となる世代は、齋藤と同世代でもある。前を向いて頑張ろうとしている同世代へのメッセージを問われると「20歳を越えた今も、毎日毎日学ぶことだらけですが、周りにいるスタッフの方々や一緒に働いているメンバーなどのおかげで自分が変わったり、成長したり出来ているなと実感することがすごく多いです。なので、 新社会人になると「何かを成し遂げなきゃ」と必死になることももちろん良いのですが、周りの人にたくさん助けてもらいながら、時に甘えながらでも頑張ってもらえたら、毎日楽しく過ごせるのかなと思います」とエールをおくった。

 新CM「応援メッセージ」篇は、本日より放映開始。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ