プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

SixTONES『日本GD大賞』新人賞「忘れられない年になりました」

第35回日本ゴールドディスク大賞で「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門など4冠に輝いたSixTONESの画像

第35回日本ゴールドディスク大賞で「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門など4冠に輝いたSixTONES

 日本レコード協会が15日、『第35回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表した。昨年1年間で正味売上金額が最も多い新人アーティストに贈られる「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、ジャニーズの6人組グループ・SixTONESが受賞した。

【画像】おなじみ”ジェシーの笑い声”も!SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 候補となる「ベスト5ニュー・アーティスト」(邦楽)は、JO1、SixTONES、Snow Man、NiziU、YOASOBI(50音順)の5組。その中からSixTONESが「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 SixTONESのジェシーは「こんな素晴らしい賞を頂き、ありがとうございます! 応援してくれているファンの皆さまに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです! 2020年は色々な意味で忘れられない年になりました」とメッセージ。

 「CDデビューして以来、たくさんの作品をお届けでき、またグループとしても個人としても、沢山の番組や取材に呼んで頂き、多くの方々にSixTONESの事を知って頂くきっかけを作って頂きました。今後もSixTONESをさらに多くの方に知って頂けるよう、そして『SixTONESがいて良かった!』と感じてもらえるような、たくさんのエンターテインメントを届けられるグループを目指して、一層頑張っていきたいと思います!」と意気込んでいる。

 SixTONESは2020年1月22日、9人組グループ・Snow Manとともに、ジャニーズアーティスト史上初の2グループ同時CDデビュー。SixTONESのシングル表題曲「Imitation Rain」は、X JAPANのリーダーYOSHIKIが楽曲提供した。

 SixTONESはこのほか、「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5シングル」を含め、計4冠に輝いた。

■『第35回日本ゴールドディスク大賞』主な受賞者・作品

▽アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】嵐(2年連続7回目)
【洋楽】クイーン(3年連続4回目)

▽ベスト・エイジアン・アーティスト
【アジア】BTS

▽ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト
氷川きよし

▽ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】SixTONES
【洋楽】Jawsh 685
【アジア】TOMORROW X TOGETHER

▽アルバム・オブ・ザ・イヤー
【邦楽】『STRAY SHEEP(米津玄師)
【洋楽】『クロマティカ』(レディー・ガガ)
【アジア】『MAP OF THE SOUL:7 ~THE JOURNEY~』(BTS)

▽シングル・オブ・ザ・イヤー
「Imitation Rain / D.D.」(SixTONES vs Snow Man)
「D.D. / Imitation Rain」(Snow Man vs SixTONES)

▽ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー
『ARASHI Anniversary Tour 5×20』(嵐)
『スティール・ホイールズ・ライヴ』(ザ・ローリング・ストーンズ)
『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’ – JAPAN EDITION』(BTS)

▽ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード
【邦楽】「I LOVE…」(Official髭男dism)
【洋楽】「Closer (Tokyo Remix) (feat. 新田真剣佑)」(The Chainsmokers)
【アジア】「Dynamite」(BTS)

▽特別賞
「香水」瑛人
LiSA

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ