プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小芝風花主演『モコミ』、俊祐・工藤阿須加が家出して萌子美がピンチに

テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話より (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第7話より (C)テレビ朝日

 女優の小芝風花が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(毎週土曜 後11:00)。“物の気持ちがわかる”少女モコミと、一見幸せそうに見えるけれど、実はそれぞれに問題を抱える家族の、絆と再生を描く物語。きょう13日放送の第7話では、主人公の清水萌子美(小芝)と家族が嵐の中に放り込まれてしまう。

【写真】“闇落ち”した兄が失踪して廊下で思い悩む小芝風花演じる萌子美

 第6話のラストで、母親の千華子(富田靖子)にとって自慢の息子だった心優しき俊祐(工藤阿須加)が、実はどす黒い感情を抱えていたことが露呈。家族に対しても不満を募らせていた俊祐は、父方の祖父から受け継ぎ、店長として守ってきた「清水生花店」を萌子美の感性でリニューアルされたことをきっかけに怒りを爆発させた。

 長い間、千華子も父親の伸寛(田辺誠一)も、周りになじめない萌子美のことばかり気にして、自分はほったらかし。萌子美が何もかも奪っていく。俊祐の本音に、家族の誰もが大きな衝撃を受けていた。大きな波乱の中で始まる第7話では、さらに俊祐が「いいお兄ちゃんの役は、今日で降板させていただきます」と宣言。そのまま家を出てしまう。「清水生花店」はどうなってしまうのか? 萌子美はまたしても試練に立ち向かうことになる。

 「清水生花店」はこれまで、俊祐が中心になって運営されてきただけに、主がいなくなった途端、いろいろな問題が発生。それでも店を閉めるわけにはいかず、萌子美はアルバイトの依田涼音(水沢エレナ)や桜井真由(内藤理沙)と奮闘。ところが、そんな状況にも関わらず、俊祐の作るオーソドックスなフラワーアレンジメントが大量に必要な事態になってしまう。

 花に耳を傾け、独創的なアレンジメントを作るのが得意な萌子美にとって、兄のようなアレンジメントは苦手なもの。萌子美はどうやってこのピンチを乗り越えるのか?

 また、『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』は全10話となり、4月3日に最終話を迎えることが決定。第7話のラストでは萌子美に予想だにしない最大のピンチが起こることになる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ