プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

フェリア

垂水カンパチ海の桜勘/船内でブレンドするエサ

南シナ海沖の温かい海で生まれた200gほどの稚魚は、平均水温22度の温暖な海潟の海で、約1年半かけて3・7㎏を超える立派なカンパチに育つ。
「赤潮に弱く、動きが遅いので寄生虫が付きやすい、手間のかかる魚」と筆頭理事の篠原重人さん。
東京からのUターンで、家業の養殖業を継ぎ19年になる。
「タンパク質はイワシやアジなどの魚粉で、ビタミンや脂質は県産茶や焼酎かすを加えたオリジナルの配合飼料で補い、カロリーを調整しながら成長を促している」。
エサを工夫することで、魚臭さの軽減にもつながっているという。


こちらの記事もどうぞ