この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリアフェリア

パンは食生活に欠かせないもの | パンにまつわる耳より話

どんなパンでも街のパン屋さんで買えると言っていい時代。

日本の製パン技術とパンの種類は、世界一といわれています。日本に初めて発酵パンが伝わってから半世紀余、パンは私たちの生活に欠かせないものになっています。パンが米と並ぶ主食として定着しはじめたのは第二次世界大戦後、学校給食に導入されるようになってから一般家庭でもパン食が普及し、今では、世界中のパンを街のパン屋さんで買って食べることができるようになりました。

日本人は“やわらか・モチモチ”好き、欧米諸国はハード系が好まれる

世界の代表的なパンは、バゲット(フランスパン)、食パン(山形のイギリススタイルと角形のアメリカンスタイル)、黒パン(ライ麦で焼いた色が黒いパン)、グラハムブレッド(全粒粉パン)、玄米パン(パン生地に玄米粉を混ぜた日本独自のパン)のほか、雑穀パンやチャパティーなどがあります。日本人には、やわらかく、モチモチしているパンが圧倒的に好まれていますが、欧米諸国ではハード系が好まれる傾向にあります。これには、唾液の分泌量が関係しているようです。

パンにまつわる耳より話ロゴ

教えてくれた人

食パン工房 カズ

  • 鹿児島市中山2-1-27[MAP
  • TEL:099-260-8083
  • 営/10:00~売り切れ次第終了
  • 休/水曜

この記事のシリーズ Series of this article

パンにまつわる耳より話

このシリーズは鹿児島市中山の食パン工房カズさんが、パンにまつわる小話や思わずパンが食べたくなるようなお話をお届けします。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ