この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

カンパチのサンドウィッチ | 多仁亜の旬を食べるレシピ

門倉多仁亜のカンパチのサンドウィッチ

カンパチのサンドウィッチ

脂の乗った冬のカンパチはフライもお薦め!

鹿児島の冬のカンパチは脂が乗っておいしい! 義理の父も大好きで生前はよく「大根占へカンパチを買いに行こう!」と誘われ、ドライブに出掛けました。

やっぱり刺し身が一番ですが、フライもお薦めです。義理の母が漬けたものを試しに使って以来、らっきょう漬け入りのタルタルソースは、わが家の定番になっています。

kanpati_illust

このレシピは「南日本新聞生活情報誌 てぃーたいむ」2014年1月号に掲載されたものです。

門倉多仁亜の旬を食べるレシピ

~材料~(2人分)
  • カンパチの切り身:2切れ
  • 塩・こしょう:各適量
  • 小麦粉:大さじ1~2
  • 溶き卵:1個分
  • パン粉:大さじ2~3
  • 揚げ油:適量
  • 雑穀入り食パン(8枚切り):4枚
  • バター:適量
  • レタス:2枚
  • タルタルソース
  • 固めのゆで卵:1個
  • マヨネーズ:大さじ4~5
  • らっきょう漬け:5、6個
  • キュウリのピクルス:25g
  • 玉ネギ:1/4~1/6個
  • パセリ:適量
~作り方~
  1. ゆで卵は白身と黄身に分け、黄身をフォークの背でつぶしてマヨネーズとまぜる。白身とらっきょう漬け、ピクルス、玉ネギ、パセリをみじん切りにして黄身に加えまぜ、タルタルソースを作る。
  2. 食パンの両面をトーストし、焼き上がったらしなっとならないように2枚ずつ寄りかかるように立てて冷まし、バターを塗る。レタスは洗って水気をよく拭く。
  3. カンパチは皮を除いてペーパータオルで水気をよく拭き、塩、こしょうをしっかり振って小麦粉、溶き卵、パン粉を順に付け、180度に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げる。パンにレタス、油を切ったカンパチを載せ、タルタルソースをたっぷり掛けてパンで挟む。

教えてくれた人

料理研究家
門倉多仁亜(かどくら たにあ)さん

kadokura-tania-main

ドイツ人の母、日本人の父の間に1966年、神戸で生まれる。父親の転勤に伴い、幼少期は日本、ドイツ、アメリカで過ごす。国際基督教大学卒業後、東京のドイツ系証券会社に入社。鹿屋市出身の夫の留学先のロンドン在住時に、子供の頃から興味のあった料理と製菓を、料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶ。料理教室を開くほか、テレビや雑誌などでドイツのライフスタイル全般を紹介。2009年に夫の実家がある鹿屋市に家を建て、毎月帰省して田舎暮らしを楽しんでいる。

この記事のシリーズ Series of this article

多仁亜の旬を食べる

このシリーズは【多仁亜の旬を食べる】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。東京と鹿屋市を行き来する料理研究家・門倉多仁亜さんに、鹿児島の旬を味わい尽くす料理を紹介してもらいます。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ