この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ファッション・美容
フェリア

梅雨を乗り切るには | 水分代謝の良い素材と、程よい塩分摂取を

水分補給イメージ

梅雨を乗り切る

小豆の利尿作用を活かして水分代謝を!

じめじめした梅雨は体にいろいろな症状が出やすい時季です。湿度が高いため皮膚からの水分発散がうまくいかず、代謝異常により頭痛や関節痛、肩こり、皮膚病、食欲不振が起こるとされます。

また、腎臓やぼうこうがフル稼働しますので、糖尿病や高血圧症の持病が悪化しやすくなるともいわれています。

湿度の高いことで有名な京都では、10日ごとに赤飯を食べる慣習が残っています。小豆には利尿作用があり、代謝を良くするため健康維持に欠かせません。

ハトムギは発芽焙煎で。塩分は程よい摂取を意識して!

さらに水分代謝の王様はハトムギです。しかしハトムギは吸収が悪いので、発芽焙煎したものをお勧めします。減塩のやり過ぎも体がむくむもとです。

塩を摂取しすぎるのはいけませんが、程よく取り入れることも大切です。精製されていない自然塩を料理に使ってみるのもいいでしょう。お茶うけに塩昆布や梅干しなどもいいですよ。元気に梅雨を乗り切りましょう。

キッチン漢方titleカット

教えてくれた人

キッチン漢方_耕平サンカット

笑漢堂薬局 川畑耕平さん

  • 鹿児島市郡元3-4-31[MAP
  • TEL:099-214-2210
  • 営/9:00~19:00
  • 休/日曜

この記事のシリーズ Series of this article

キッチン漢方

体調を整え、病気を未然に防ぐ「漢方」の知恵が詰まった料理を紹介するコーナーです。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ