この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリアフェリア

気軽に花のある生活を楽しんでください | 街のお花屋さん

「球根セット」(ベース付き)・・・ 1,000円~

花を飾るのに特別なモノはいらない…

この仕事をしていると、「自宅は花であふれているでしょう?」とよくいわれます。でも実際は、家に花を飾るのは本当に、時折です。仕事でいつも花に触れているので、心が満足しているのかもしれません。

自宅に花を飾るのは、クリスマスやお正月、家族の誕生日など、季節の行事のときが多いです。上の娘が幼いころ、学校帰りに道ばたの、スミレや落ち葉、どんぐりなどを拾ってきては、「ママ好きでしょう」とプレゼントしてくれました。それを飾るのも、とても幸せな時間でした。

身近なものを使うことで花は生活に溶け込む

花を飾るとき、特別な花器は必要ないと思います。グラスや食器など、身近なものを使うことで、生活の中に花がすんなりと溶け込んでいく―そう感じます。

気張って飾るのではなく、ふと見かけた野の花をコップに挿してみる。そんな風に気軽に“身近に花がある生活”を楽しんでいただきたいです。

01街のお花屋さん_ロゴresize

教えてくれた人

Machi no Ohanayasan(街のお花屋さん)

Machi no Ohanayasan(街のお花屋さん)
鹿児島市中央町29-10

  • PETITE CHERIE
     アミュプラザ鹿児島プレミアム館 1F
  • BOURGEON ブライダル専門

HP/Machi no Ohanayasan.

この記事のシリーズ Series of this article

街のお花屋さん

花屋の仕事は苦労の連続。でも、お客様から喜んでいただけたときの充実感は何物にも代えられません。そんな思いを伝えていけたらと思っています。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ