この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

カリフラワーのグラタンでビタミンCを | 多仁亜の旬を食べるレシピ

門倉多仁亜のカリフラワーのグラタン

カリフラワーのグラタン

カリフラワーの保存は冷蔵庫で「立てて」!!

冬が旬のカリフラワーはビタミンCを多く含み、クセがなく食べやすいです。

花蕾〈からい〉がしっかりと締まって硬く、重みがあり、切り口が変色していないものを選びましょう。

あまり日持ちがしないので、なるべく早く調理するようにします。

乾燥しないようにビニール袋に入れるかラップで包んで、冷蔵庫の野菜室で「立てて」保存しましょう。

カリフラワー

門倉多仁亜の旬を食べるレシピ

~材料~(4人分)
  • カリフラワー:1個
  • チェダー、ゴーダなどのチーズ(他の種類でも可):30g
  • 塩・こしょう:少々
  • ナツメグ:少々
  • パン粉:大さじ1~2
  • オリーブ油:少々
  • パセリのみじん切り:少々
  • ホワイトソース
  • バター(有塩):15g
  • 牛乳:250ml
  • 小麦粉(薄力):15g
~作り方~
  1. カリフラワーの房の中は土や虫などが入りやすいので、葉を落としてから小房に分け、ボウルにためた水の中で土などを浮かせながら、流水でボウルの水がきれいになるまで洗う。湯を沸騰させた鍋で歯応えが残る程度にゆで、ざるに取り上げて水気を切る。
  2. 鍋にバターを弱火で溶かし、小麦粉を2、3回に分け入れて火を通し、牛乳を少しずつ加えてのばしていく。全部まざったら一度沸騰させ、粉っぽさがなくなるまでまぜホワイトソースを作る。すり下ろしたチーズを加えて溶けたら塩・こしょう、ナツメグで味を調える。
  3. ②に①を入れて、耐熱皿に移す。
  4. パン粉とパセリのみじん切りをまぜ、湿らせる程度にオリーブ油を加えて③に散らし、200度に熱したオーブンで約15分、表面に焼き色がつくまで焼く。

教えてくれた人

料理研究家
門倉多仁亜(かどくら たにあ)さん

門倉多仁亜

ドイツ人の母、日本人の父の間に1966年、神戸で生まれる。父親の転勤に伴い、幼少期は日本、ドイツ、アメリカで過ごす。国際基督教大学卒業後、東京のドイツ系証券会社に入社。鹿屋市出身の夫の留学先のロンドン在住時に、子供の頃から興味のあった料理と製菓を、料理学校ル・コルドン・ブルーで学ぶ。
料理教室を開くほか、テレビや雑誌などでドイツのライフスタイル全般を紹介。2009年に夫の実家がある鹿屋市に家を建て、毎月、東京から帰省して鹿屋での暮らしを楽しんでいる。

この記事のシリーズ Series of this article

多仁亜の旬を食べる

このシリーズは【多仁亜の旬を食べる】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。東京と鹿屋市を行き来する料理研究家・門倉多仁亜さんに、鹿児島の旬を味わい尽くす料理を紹介してもらいます。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ