この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリア

遺産は均等…に納得できない。どうすれば? | 弁護士の法律Q&A

Q

10年間私が介護をしてきた父が亡くなりました。父の世話を全くしなかった兄弟たちが「遺産はみんなで均等に分けよう」と言うのですが、納得できません。

A

あなたの介護により遺産の減少が抑えられたときは、その分を考慮してもらうことが可能です。

兄弟間で遺産を均等に分けるというのは、通常であれば平等な分け方です。しかし、あなたの場合には、あなたの介護により高額な介護費用がかからず、その分お父さんの遺産が減らなかったと評価することができます。

このような場合、あなたには寄与分が認められ、遺産から別枠で受け取ることが可能になることがあります。寄与分の制度は、被相続人の生前に、その財産の維持または増加特別な寄与をした者がいる場合に、その寄与を遺産分割において考慮するものです。

ただし、子には親の扶養義務がありますから、あなたの介護の内容が親子間で通常期待される範囲内のものであると評価される場合は、特別な寄与にはあたらず、寄与分は認められません。

あなたがお父さんの介護のために、仕事を辞め、ほとんどの時間を自宅での介護に費やしていたような場合には寄与分は認められると思いますが、入院先でたまに身の回りの世話をしていたという程度では認められにくいでしょう。

寄与分は、色々な要素を考慮して特別な寄与の有無、寄与分の金額等を判断することになるので、単に介護をしていれば認められるという単純なものではありません。寄与分の有無や金額は協議によって決めるのが原則ですが、解決に時間を要するケースが多く見られます。

時間がかかる

法律Q&A

教えてくれた人

弁護士法人あさひ法律事務所 鹿児島事務所 牧瀬 祥一郎 先生

牧瀬法律事務所
弁護士:牧瀬 祥一郎さん

2017年4月より牧瀬法律事務所に名称変更致しました。過去の事例や費用についてご覧いただけます。
 牧瀬法律事務所 鹿児島     で検索

この記事のシリーズ Series of this article

弁護士・牧瀬に学ぶ 法律Q&A

暮らしの中での様々な悩み事・・。「これって法律上はどうなの?」といった悩み事を、Q&Aの形で、弁護士の先生が分かりやすくお答えします。
これまでのシリーズ【私を守る 法律のはなし】はこちらからどうぞ!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ