この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

志賀島 | 神の島と称される縁結び・パワースポット(福岡市東区)

休暇村 志賀島でのお食事。味もさることながら、目でも楽しめるよう、豊富にそろう小鉢は“花かご”に詰める

博多湾に浮かぶ志賀島

博多埠頭から市営渡船に乗り、初めての志賀島へ。博多湾から望む市街地の眺めはまた格別で、潮風に吹かれながら早くも旅気分を満喫!! そして降り立った島は、周囲約10kmながら見どころ、遊びどころが満載でした。今回は、イラストの元になった写真を少し紹介します。

休暇村 志賀島の露天風呂

志賀海神社逢拝所
絵馬と地蔵
あまおう狩り
金印カレー

この取材では、たくさん写真を撮ったので、
志賀島 | 縁結びのお寺・パワースポットの社あり(福岡市東区)
として、フォト集も公開中!! ぜひご覧ください。

 

それでは、“おでかけスケッチ帳”の世界をお楽しみください。

 

神が息づく魅力溢れる島

イラスト:張 佐和子

イラスト:張 佐和子

福岡市の北西部、博多湾に浮かぶ志賀島。海の中道から志賀島橋を渡れば博多駅から車で約40分。博多湾と玄界灘に接し、海水浴やヨットなどマリンレジャーも楽しめる身近なリゾート地として親しまれており、多彩な魅力が溢れている。

1784年、金印「漢委奴国王印」が発掘されたことでも名を知られる島は、古来海上交易の要所であった。万葉集には柿本人麻呂の「大君の遠の朝廷とあり通ふ島門を見れば神代し思ほゆ」という歌があり、博多湾への入口に位置する志賀島と能古島を「門」に見立てて詠んだとされている。

また、古くは島内に375の社(やしろ)があり、神の島とも称されていたとか。「志賀海神社」は、摂社の「中津宮」「沖津宮」とともに海の底・中・表を守る主宰神を祭り、全国の「綿津見(わだつみ=海神)神社」の総本宮である。本殿をはじめ境内には26の社があり、日参できない摂社を拝むための「遥拝所」はその眺望もすばらしく、パワースポットとしても名高い。

志賀海神社からすぐの「荘厳寺」は、700年以上の歴史ある臨済禅宗東福寺派の寺院で、縁結びの絵馬や願かけ地蔵のご利益が口コミで広がり、近年は県外からの参拝者も増えているそう。

志賀海神社遥拝所

志賀海神社遥拝所

絵馬と地蔵

周囲約10kmの島は外周の起伏も少なく、絶好のサイクリングスポット。レンタルサイクルもあるので、ぜひ海を五感で感じながら島めぐりを楽しんでみて。

志賀島へのアクセス

  • 船:博多埠頭から福岡市営渡船で「志賀島」で下船
  • 車:博多駅より約40分

志賀海神社

  • 福岡市東区志賀島877[MAP
  • 【TEL】092-603-6501

荘厳寺(しょうごんじ)

  • 福岡市東区志賀島813-1[MAP
  • 【TEL】092-603-6702

レンタサイクル シカシマサイクル

  • 福岡市東区志賀島417-2[MAP
  • 【TEL】090-5028-0364
  • 【営】10:00~17:00
  • 【休】水曜
  • 【レンタル料金】3時間:1,000円

寄り道宿&グルメ
休暇村 志賀島

金印の湯

金印の湯

窓外に広がる玄界灘。夕刻には海に沈む夕陽が辺りを紅色に染める。そんな絶景が迎えてくれる「休暇村志賀島」。2006年にリニューアルして客室は全室オーシャンビューとなった。目の前は勝馬海水浴場に続く長い砂浜。静かな夜は波音も心地いい。

“花かご”に好きな小鉢を詰め込んで。ずらり並んだ九州の地酒と味わいたい

“花かご”に好きな小鉢を詰め込んで。ずらり並んだ九州の地酒と味わいたい

その宿で豊かな自然の恵みを堪能できるのが、2月にオープンした「ライブキッチン」だ。ビュッフェ形式ながらオープンキッチンスタイルで、板前たちが刺し身、焼き、揚げ、炊き、と目の前で調理し、そのできたてを提供する。玄界灘を中心にしたとれたての旬の海の幸は、地元ならではの新鮮さと料理長の目利きで、極上のうま味を放つ。

「目でも楽しんでほしい」と、豊富にそろう小鉢は“花かご”に詰める。さらに釜飯は自分で好みの具材を選んで炊き上げるなどの楽しみも。食事を満喫したら、源泉かけ流し温泉「金印の湯」で星空を眺めながら疲れを癒やして。翌朝の朝食ビュッフェも見逃せない。

休暇村 志賀島

  • 福岡市東区勝馬1803-1[MAP
  • 【TEL】092-603-6631
  • 【休】無休
  • 【P】あり
  • 【HP】休暇村 志賀島

志賀島港、JR西戸崎駅から無料送迎あり(要予約)

ちょこっと寄り道【spot】
あまおう狩り

休暇村 志賀島であまおう狩り

“日本一のイチゴ”を目指し、福岡県で長年をかけて研究開発された商標「あまおう」。その名の通り“赤く(あ)てふっくら丸く(ま)大きくて(お)、糖度が高くうまい(う)」果実が特長。休暇村志賀島が実施する「あまおう狩り」は、ビニールハウスで水と肥料のみで高設栽培されたイチゴを心行くまで味わえる。収穫期の4月末まで開催、要予約。

あまおう狩り

  • 【問い合わせ】休暇村 志賀島
  • 【TEL】092-603-6631 (上記参照)

ちょこっと寄り道【gourmet】
金印カレー

金印カレーイラスト

国宝「金印」にちなみ、2013年に誕生した新ご当地グルメ。“独自に調合された金印スパイスを使い、島内で作ること”を条件に8店舗で提供する。「満帆荘」では金色にこだわり、ホワイトカレーを開発。特産のイセエビでダシをとり、トッピングにイセエビのグラタンも。優しいホワイトソースに芳醇なスパイスがよく合う、くせになる逸品だ。

金印カレー
満帆(まんぽ)荘

  • 福岡市東区勝馬257-5[MAP
  • 【TEL】092-603-1313
  • 【営】食事は11:00~21:00(L.O.19:00)
  • 【休】無休、火曜は予約のみ
  • 【P】あり
memo

博多埠頭から市営渡船に乗り、西戸崎、大岳経由で約33分。初めて上陸した志賀島はハッピーの連続だった。のどかな町並み、出会う人々の温かさ。玄界灘の夕焼けや滋味豊かな地元グルメの数々。神社やお寺、いたるところから望める青い海は海水浴と釣りのメッカだという。沖津宮がある小島は、潮が引いたときにのみ歩いて渡れるとか。次はぜひ、大潮の日を狙って訪れたい。水着と釣竿を携えて。 (S)

この記事のシリーズ Series of this article

おでかけスケッチ帳

観光地として人気が高まっている鹿児島には、各地に四季折々の表情がある場所やイベントがあります。「おでかけスケッチ帳」では、鹿児島エリアを中心に魅力的なスポットを紹介します。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ