この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリアフェリア

知ってた?エスプレッソがウマいかどうかはバリスタの腕次第

素材のクオリティー、焙煎技術、バリスタの技量のすべてが詰まった飲み物です

コーヒーの個性全てを引き出す。それがバリスタの仕事!

エスプレッソとは、エスプレッソマシンのバスケットに細かくひいた粉を詰めて、約9気圧の圧力をかけて20~30秒ほどで抽出した飲み物です。

高い圧力のお湯がバスケット内のコーヒーの粉と粉の間を通るときに、コーヒーのエキスがお湯に溶け出し、それが抽出液となります。20~30ccの少量の液体ですが、その中にはぎっしりとコーヒーの風味がつまっています。

エスプレッソのおいしさは第一に豆の品質で、それを生かすも殺すもバリスタの腕次第ということになります。

バリスタはそのコーヒーの持っている個性を100%引き出すことが仕事と言っても過言ではありません。

まずメッシュ調整と言って、粉のひき具合を調整します。カッピング(テイスティング)で抽出された液体の味を判断し、色や液体の状態を見て細かな調整をしていきます。ひき具合は豆によっても違いますし、気候や湿度など環境にも影響されます。

そしてコーヒーの粉をバスケットに均一に詰める技術(タンピング)などが必要になってきます。

ドリップコーヒーとは違い、エスプレッソは、素材や焙煎の技術不足を補うことのできない飲み物なのです。

生産国から始まったコーヒーの旅。最終的なカップの味はバリスタの腕にかかっているのです。

珈琲のおいしい話ロゴ

教えてくれた人

VOILAコーヒー

日本一元気な旨い珈琲豆専門店
ヴォアラ珈琲

鹿児島県内に4店舗展開中

この記事のシリーズ Series of this article

珈琲のおいしい話

このシリーズは鹿児島県内に4店舗を構えるヴォアラ珈琲さんが、コーヒーをこよなく愛する方々に、「読んでおいしいコーヒーのお話」をお届けします。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ