この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリア

追突されたのに修理代を払わないってあり? | 弁護士の法律Q&A

Q

長年大事に乗っていた車が追突されました。ところが車の時価が低いので修理費用全額は払えないと言われ、納得できません。

A

原則として修理費用を超える賠償は受けられません。ただし、加害者の任意保険から支払われる場合もあります。

交通事故で壊れた車の修理費用がその車の時価を上回ってしまった場合、時価を超えた賠償を請求することはできません。

例えば壊れた車の時価が30万円、修理費用が50万円である場合には、賠償金の上限は30万円になります。壊れた自動車の価値が30万円である以上、この金額を超える損害は、法律上発生し得ないとされるからです(正確には買替え費用なども考慮します)。ちなみに、車の時価は、中古車市場での同種・同程度の車両価格から査定することになります。

しかし、このような結論に納得しない方は多いようです。私自身、加害者側の代理人として対応に当たることがありますが、「理屈は分かるが納得できない」という意見を良く聞きます。特に長年大事に乗っていた車である場合には、被害者にとっては思い入れがあり、他方で長く乗れば乗るほど車の時価は下がるため、お互いの主張の乖離(かいり)は大きくなります。

そのため、最近の自動車保険には、「対物超過修理費用補償特約」という保険が付けられていることがあります。これは、車の時価額を超える修理費用についても保険金を支払う特約であり、示談交渉が長引くことを避けるという点では、非常に有効に機能しています。もしもの時に備えて、自分の自動車保険にもこの特約が付いているかを確認しておくと良いでしょう。

安心イメージ

法律Q&A

教えてくれた人

弁護士法人あさひ法律事務所 鹿児島事務所 牧瀬 祥一郎 先生

牧瀬法律事務所
弁護士:牧瀬 祥一郎さん

2017年4月より牧瀬法律事務所に名称変更致しました。過去の事例や費用についてご覧いただけます。
 牧瀬法律事務所 鹿児島     で検索

この記事のシリーズ Series of this article

弁護士・牧瀬に学ぶ 法律Q&A

暮らしの中での様々な悩み事・・。「これって法律上はどうなの?」といった悩み事を、Q&Aの形で、弁護士の先生が分かりやすくお答えします。
これまでのシリーズ【私を守る 法律のはなし】はこちらからどうぞ!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ