プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ファッション・美容
フェリアフェリア

コブラのポーズ/背筋や腰を強化する | グラヴィティヨガ

「コブラのポーズ」

自重(グラヴィティ)を利用し、年齢を問わず初心者や体が硬い人でもストレスなく体のメンテナンスを行える「グラヴィティヨガ」。今回は、背骨をやわらかく保ち、背筋や腰を強化する「コブラのポーズ」を紹介します。

「コブラのポーズ」

  1. 四つん這いで用意し、
    (写真①)
    写真①

    写真①


    胸の下にボルスターの傾斜がくるように(おへそは床に着くぐらいの位置)うつ伏せになり、両足を伸ばす。
    (写真②)
    写真②

    写真②

  2. 手を頭の両脇について、脇をしっかりとしめ、鼻先をボルスターにつけて首のうしろを伸ばし、息を吸いながら鎖骨や胸を開くように意識し上半身を起こしていく。
    (写真③)
    ※顎はひいて首を長く保ち、肩が上がらないようにする。
    ※腰に負担がかからないよう、おへそ、下腹部、恥骨が床から離れないようにする。
    写真③

    写真③

  3. この状態で呼吸5回程度をキープする。
    (写真④)
    写真④

    写真④

  4. ポーズを解くときは肘をついて、胸をボルスターに下ろし、頬をボルスターについてひと呼吸入れる。
プラス1アドバイス

※妊娠中の人や、背骨・腰に問題のある人は気を付けながら行いましょう。

※背中が硬い人、手首がつらい人は、写真②より少し肘を外側に置いて、胸をボルスターの傾斜部に預けてうつ伏せの状態をキープするだけでもOK(顔は自然な横向き)。

グラヴィティヨガ_タイトルlogo

教えてくれた人

田口綾香さん

田口綾香さん

加圧トレーニングREVO

この記事のシリーズ Series of this article

グラヴィティヨガで目指せバランスボディ!

自重(グラヴィティ)を利用して身体的・精神的ストレスを緩め、体のメンテナンスを行います。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ