この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
フェリア

冬の阿久根をボンタン一色に…後継者による一大プロジェクトの物語

ボンタン復権PRJの物語イメージ

阿久根のボンタンと2022年に誕生したボンタンコーラ

甘くさわやか、だんらんの味…

冬場、阿久根市の国道3号を車で走ると、道沿いの直売店に並ぶボンタンが目に飛び込んでくる。分厚い皮をむけば、シャキシャキとしたピンクの果肉。甘酸っぱく、少しほろ苦さもある。冬に家族で囲むボンタンは、阿久根市民にとって古里の味だ。

ボンタンは阿久根の市木

阿久根市民にとって古里の味・ボンタン!


市木でもあるボンタンだが、農家の数は、需要の減少や高齢化で20戸ほどに減った。「ボンタンが途絶えてしまう」。30~50代の後継者4人が2017年、B(ボンタン)プロジェクトを結成。

Bプロジェクトメンバー

Bプロジェクトのメンバー。左から盛永直樹さん、盛永宏史さん、中村昭雄さん、下薗大樹さん

鹿児島市の銭湯とタッグを組み「ボンタン湯」のイベントを打ち出した。レモンイエローの巨大な果実がぷかぷか浮かぶ様子は話題に。口コミで全国区となった。
ちなみに「ボンタン湯」を知らせるポスターはセイカ食品からデザインを提供してもらっている。今年は全国約500の銭湯で実施予定だそう。

ボンタン湯ポスター

ポスターはセイカ食品からデザインを提供してもらっている

ボンタン湯

巨大なボンタンがぷかぷかと。ボンタンも気持ちよさそう…

「やる気につながっている」と語るのはリーダーの盛永宏史さん。11月下旬、農園を訪ねると、ほんのり黄色に色づいたボンタンがずっしりと実っていた。

Bプロジェクトリーダー・盛永宏史さんの農園のボンタン

11月下旬に訪ねた宏史さんの農園。冷え込むとより黄色が強くなる。12月初めから1月にかけて収穫。熟成させてから出荷する

農園で大きさを確認するBプロジェクトリーダー・盛永宏史さん

大きさや重さを手の感覚で確かめる宏史さん

Bプロジェクトリーダー・盛永宏史さんとボンタン

「顔の大きさと比べたら分かりやすいね」と宏史さん。サービス精神旺盛なリーダーだ

最大のミッションは、ボンタンの知名度向上。「ボンタン狩りをしてみたい、実際につくってみたいって思う人が増えたらうれしい」と笑みを浮かべる。

銭湯との出合いは、新たな一歩につながった。2021年に発売した、ボンタンサイダーだ。「風呂上がりの一杯に」と開発。子どもにも飲みやすいさわやかな微炭酸だ。肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅の「阿久根屋」などで販売中。

ボンタンサイダーはBプロジェクト初の加工商品

ボンタンサイダーは200ml入り300円

阿久根屋は肥薩おれんじ鉄道阿久根駅舎内にある

阿久根のお土産がいっぱいの阿久根屋は肥薩おれんじ鉄道阿久根駅舎内にある

今(2022)年はボンタンコーラも誕生した。ボンタン風味のさわやかなコーラは現在、飲食店を中心に売り込み中だ。

メンバーの下薗大樹さんは「異業種との関わりにはヒントがたくさん。冬はボンタン一色の街になるよう、チャレンジしていきたい」と手応えを語る。ボンタンの優しい甘さはこれからも、友達や家族との楽しいひとときに寄り添い続けるだろう。

泰平食品「ボンタン漬け」

お土産にぴったりのボンタン漬けや、ボンタングラノーラも!

Bプロジェクト

よかもんのススメ…

ともまち珈琲

ともまち珈琲「ボンタンコーラ」

ボンタンの風味でさわやかなボンタンコーラ(450円)

海を眺めながら、ボンタンコーラはいかが? 店主の松木竜太郎さんは、阿久根市出身で明治政府の外務卿などを務めた寺島宗則の子孫。「外でコーヒーが楽しめる場所を」という夢を、パートナーの鈴木晴子さんとともにゆかりの地でかなえた。

ともまち珈琲「松木竜太郎さんと鈴木晴子さん」

松木竜太郎さんと鈴木晴子さん

ともまち珈琲「スパイスカレー」

カレーは松木さん、鈴木さんがそれぞれ作ったものを合いがけに💖

自家焙煎(ばいせん)したブレンドコーヒーのほか、木・金曜はスパイスカレー(1,100円)が味わえる。テラス席に腰かけ、のんびりと過ごす時間は至福。

ともまち珈琲「美しい阿久根の海沿いにある小さなカフェのテラス席」

老若男女問わず愛される海辺の眺め

松木さんは「景色は潮の満ち引きや季節で表情を変える。毎日眺めても飽きない」。冬は暖かい服装でお出かけを。

ともまち珈琲「受け取り口」

本格的なスパイスの販売も!

ともまち珈琲

夕日も美しいらしい…

ともまち珈琲

  • 阿久根市脇本13955-4[MAP
  • 営/11:00~17:00
  • 休/月・火曜、他不定
  • P/5台
  • tomomachicoffee

金額・内容はすべて取材時のものです。

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ