この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
フェリア

坦々温豆腐 | 薬膳Men’sごはん/からだに潤いをあたえダイエットにもぴったり

坦々温豆腐

坦々温豆腐

「薬膳学」には旬の食材で「五臓」を補い、体を整える「末病医学」の考え方があります。空気が乾燥してくる秋は五臓の「肺」の機能が盛んになる季節です。豆腐や豆乳などの白い食材は肺や体を潤す効果があると言われています。肺が潤って機能していれば風邪にかかりにくく、肌の潤いを保つことができます。

今回の旬の食材と薬膳食材

豆腐と豆乳

便通や脂肪の代謝につながる豆腐(左)とむくみの解消や保湿につながる豆乳

薬念醤

薬膳調味料の「薬念醤(ヤンニョムジャン)」

薬念醤(ヤンニョムジャン):1,296円
かごしまの味噌、醤油を使用した甘辛い万能たれ。お肉全般、チャーハン、麻婆豆腐などの炒め物や、ナムルの漬けダレなど、幅広い料理に使うことができる。オンラインショップからの購入も可能。薬膳小町オリジナル商品。

坦々温豆腐のレシピ

~材料(2人分)~
  • 木綿豆腐:1丁
  • 牛豚合びき肉:150g
  • 長ネギ:5cm
  • 大葉:1枚
  • ゴマ油:大さじ1
  • 豆乳(無調整):200ml
  • 水:300ml
  • 薬念醤(ヤンニョムジャン):50ml ※市販のものでもOK
~作り方~
  1. ネギの芯を除き千切りにして水にひたしておく。
  2. 鍋にごま油をひき、合びき肉を軽く炒め水と薬念醤を入れる。
  3. ひと煮立ちしたら豆乳を入れ沸騰直前まで温める。盛り付け用の合びき肉を汁気を切り別皿にとっておく。
  4. 土鍋に木綿豆腐、3のスープを入れてふたをし中火にかけ、全体が温まったら火から下ろす。大葉、合びき肉、ネギの千切りをのせて完成。お好みでラー油を。

📢ワンポイントアドバイス
豆乳は分離しないようゆっくり火を入れて。残ったスープに麺を足して担々麺風にアレンジも♪

レシピ提供

薬膳小町 国際薬膳師/国際薬膳調理師:永峯真一さん

薬膳小町

  • 国際薬膳師/国際薬膳調理師:永峯真一さん

📢詳しい作り方はInstagramでチェック!
kyowa_kagoshima

薬膳小町

 

この記事のシリーズ Series of this article

薬膳Men'sごはん

国際薬膳師と国際薬膳調理師の資格を持つ「薬膳小町」の永峯真一さんが、旬の食材と薬膳を組み合わせたレシピを紹介します。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ