この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリア

手のひらサイズのおしゃれうちわ・南風扇。鹿児島らしい柄で夏を涼しく…

さつまこうちわ南風扇(はえせん)

さつまこうちわ南風扇(はえせん)

“こうちわ”にあしらう郷土の魅力

暑い夏、女性や子どもの手にもなじむ、小ぶりなうちわはなんとも粋だ。扇面には軽くて涼やかな大島紬や、爽やかな香りの屋久杉などを用いる。異なる素材や柄の中から、お気に入りを見つけるのも楽しい。

仕掛け人は、洋服などのパターン(型紙)起こしを本業とする四元麻理さん。東京で10年以上経験を積み、2016年に地元の鹿児島市で独立した。

さつまこうちわ南風扇「仕掛け人の四元麻理さん」

「私はもともと立体に起こすのが得意なパタンナー。企画でも皆のアイデアを形にするのが楽しい」と四元さん

3年前に知人の勧めで始めた雑貨作りだったが、「せごどんばっじ」がかごしまの新特産品コンクールで賞を獲得し、創作意欲に火がつく。出張先で見つけた手のひらサイズの小さなうちわにヒントを得て、19年に「南風扇」が誕生した。「扇風機よりもおしゃれで、扇子ほど気取っていないところが魅力。鹿児島の柄を作りたかった」

下の写真はM4210が企画・開発した、鹿児島への愛情たっぷりの各種オリジナルグッズ(594円~)。What、鹿児島ブランドショップ(鹿児島市名山町)、きりん商店(霧島市牧園町)などで販売する。

M4210「オリジナルグッズ」

各種オリジナルグッズ。What、鹿児島ブランドショップ(鹿児島市名山町)、きりん商店(霧島市牧園町)などで販売する

ポップなデザインは、鹿児島県立短期大学の学生ら(当時)が担当した。大島紬柄には奄美などから仕入れる古布やB級品の反物を、屋久杉柄には「屋久杉やすずみ工芸」で加工の際に出る屋久杉の端材を使う。

屋久杉やすずみ工芸「安栖博人さん」

屋久杉やすずみ工芸の安栖博人さん。「工場で出る屋久杉の端材がもったいない」と四元さんに活用を勧め、屋久杉バージョンの開発につなげた

大島紬の織子(おりこ)「中島英世さん」

大島紬の織子(おりこ)であり仕入れを担当する、奄美大島在住の中島英世さん。「せごどんばっじ」の企画にも携わった

反響は想像を超え、かごしまの新特産品コンクールで市長賞を獲得し、航空会社の機内販売商品にも採用された。「デザインを勉強しても、鹿児島で企画の仕事に就けるのはほんの一握り。働く場を増やしたい」と企画の仕事を通して新しい目標もできた。

Apparel Creation M4210「スタッフの末永茉弥さん(右)」

生地のカット作業中の四元麻理さんと末永茉弥さん(右)

スタッフの末永茉弥さんは、「古里・鹿児島で企画の仕事ができるとは思わなかった」と目を輝かせる。小さなアイデア商品が、故郷に新たな風を巻き起こす。

さつまこうちわ南風扇(はえせん)

Apparel Creation M4210

記載されている金額はすべて取材時のものです。

よかもんのススメ…

What

山形屋2号館5階、便箋・封筒やポストカードなどを豊富にそろえる文房具・雑貨店。10年ほど前から西郷隆盛のキャラクターをあしらった手ぬぐいや、山形屋名物・金生まんじゅうを模した小物入れなど、オリジナルグッズを制作し、雑貨好きを魅了してきた。

What「宮路裕一郎店長(左)と販売チーフの猶野智美さん」

宮路裕一郎店長(左)と販売チーフの猶野智美さん

「NHK大河ドラマ『西郷どん』をきっかけに、南風扇、エコバッグ、Tシャツなど鹿児島のグッズを作る企業が増え、売り場がにぎやかになった」と店長の宮路裕一郎さんは語る。「購入者は意外にも県民が多い。雑貨や文房具で鹿児島の魅力を発信し続けたい」

What

山形屋2号館5階にある文房具・雑貨店「What」。販売する鹿児島の郷土グッズは100種類以上

What

  • 鹿児島市金生町3-1(山形屋内)[MAP
  • TEL:099-227-6580
  • 営/10:00~19:00
  • 休/山形屋と同じ
  • HP/What
  • What
  • miyajingerz005


 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ