この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリア

キャッシュカードが盗難。預金を下された時 | 弁護士の法律Q&A

Q

キャッシュカードを盗まれてしまい、勝手にATMから預金が引き出されてしまいました。私の預金はどうなってしまうのでしょうか。

A

あなたに過失がない場合には、原則として預金全額が戻ってきます。

盗難されたキャッシュカードであっても、正しい暗証番号を入力しさえすれば、窃盗犯はATMであなたの預金を引き出すことが可能です。金融機関としては、キャッシュカードと暗証番号がそろっている以上、引き出しに応じざるを得ません。したがって、かつては盗難キャッシュカードによる預金引き出し事件の損害は、預金者の負担とされていました。

しかし、現在では、預金者保護の観点から特別な法律が制定されています。預金者は、キャッシュカードの盗難の事実を金融機関に通知・説明などすれば、通知の日からさかのぼって30日以内の損害の補填(ほてん)を請求できます。あなたの場合も、すぐに金融機関に届け出れば、引き出された預金は戻ってくることになります。

ただし、暗証番号が生年月日など推測しやすいものだった場合は、あなたにも過失があるとして補填額が減額されることがあります。また、キャッシュカードに暗証番号をメモしていた場合などは重大な過失があるとして、補填が受けられないこともあります。暗証番号は推測されにくいものを設定し、しっかりと管理することが必要です。

なお、通帳が盗まれて預金を引き出された場合やインターネットバンキングで不正な送金がされた場合については、特別な法律による保護はありません。金融機関側の自主ルールにより補償を受けられることがありますが、被害に遭わないためには、普段の管理が何よりも大切です。

通帳印鑑イメージ

法律Q&A

教えてくれた人

弁護士法人あさひ法律事務所 鹿児島事務所 牧瀬 祥一郎 先生

牧瀬法律事務所
弁護士:牧瀬 祥一郎さん

2017年4月より牧瀬法律事務所に名称変更致しました。過去の事例や費用についてご覧いただけます。
 牧瀬法律事務所 鹿児島     で検索

この記事のシリーズ Series of this article

弁護士・牧瀬に学ぶ 法律Q&A

暮らしの中での様々な悩み事・・。「これって法律上はどうなの?」といった悩み事を、Q&Aの形で、弁護士の先生が分かりやすくお答えします。
これまでのシリーズ【私を守る 法律のはなし】はこちらからどうぞ!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ