この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

関平鉱泉は「シリカ」が豊富。霧島山麓だけに湧き出る地球の恵みに感謝

関平鉱泉

関平鉱泉

人々を潤す山の恵みのパワーを実感!

霧島山麓に湧く、190年ほど前から愛される中硬水の温泉水。関平鉱泉所、オンラインストアの他、ハピネス全店や山形屋ストア、Aコープ、ニシムタ、コープ、タイヨーの一部店舗などで販売している。

関平鉱泉所「ドライブスルーでの購入」

関平鉱泉所では、ドライブスルーでの購入も可

2021年、発売以来初めてのパッケージデザインのリニューアルを果たした。市役所職員、地域おこし協力隊、デザイナーらがアイデアを出し合い、成分表示を大きくし、英語表記を加え、裏面には誕生秘話も描いた。

関平鉱泉「500ml、2Lのペットボトルと、10L、20Lの箱タイプ」

500ml、2Lのペットボトルと、10L、20Lの箱タイプを用意

関平鉱泉「2016年から稼働する新工場内」

2016年から稼働する新工場内

「歴史を知ることで愛着を持ってもらい、地元で愛され続ける商品にしたかった」と所長の徳永健治さんは思いを熱く語った。

関平鉱泉所「所長 徳永健治さん」

市直営の販売所は全国でも珍しい

徳永さんは、霧島市商工観光施設課の職員。旧牧園町出身で、学生時代に関平鉱泉所でアルバイトをしていたことがあり、自らポスターのモデルも務める。

1832年に湯治場を開設して以来、「胃腸の調子が整う」「傷が治りやすい」という評判が口コミで広がった。

関平温泉「関平温泉と新床温泉の2つの源泉が楽しめる」

「関平温泉」と「新床温泉」の2つの源泉が楽しめる。どちらも適温で入りやすく、無味無臭

関平温泉「内湯」

「湯量は1日で500mlのペットボトル3万本分。ぜいたくな入浴を楽しんで」と徳永さんはアピールする

関平温泉「貸切露天風呂」

貸切露天風呂。部屋代は1時間630円、入浴料は1人320円

「飲んでよし、入ってよし」と源泉をくむ人が増え、旧牧園町が麓に販売所を整備したのは39年前になる。

「成分を検証したい」。旧牧園町時代から大学と共同研究を続け、2003年に鹿児島大学の藤井信教授(当時)によって、がん化を抑制するNK細胞を活性化させる可能性が確認され、後にミネラルの一種で免疫力などを高めるとされる「シリカ」が、他の天然水を圧倒する155mg/Lも含まれていると分かった。

シリカの成分量である、155mg/Lの「155」を記したオリジナルTシャツは、関平鉱泉PRのため、仕事で着用する霧島市職員も多い。

関平温泉「シリカの成分量「155」を記したオリジナルTシャツ」

シリカの成分量「155」を記したオリジナルTシャツを着る所長の徳永健治さん

関平鉱泉は「シリカ」のほかに、「サルフェート」「炭酸水素イオン」などのミネラルも多く含み、成分バランスが良く、中硬水ながらも飲みやすいのが魅力。

20年には鹿児島純心女子大学の中野隆之教授によって、皮膚のバリア機能を高める、セラミド成分を増加させる可能性も確認。今では化粧品会社や飲食店から原料としてのオファーも多い。

関平温泉スキンケアセット「草花木果」

関平鉱泉を配合した「草花木果 関平温泉スキンケアセット」(2泊分)関平温泉で限定販売中!

一方で、1日約40tしか湧かない、限りある資源であることを忘れてはいけない。「自然の恵みに感謝したい」。ペットボトルのパッケージは、光にかざすと浮かぶ霧島の山々が美しい。

関平鉱泉「源泉(採水地)」

関平鉱泉所から約2kmほど離れた場所にある源泉(採水地)

関平鉱泉「源泉を祭る神社」

年に1回祈願している、源泉を祭る神社

霧島市営 関平鉱泉所

関平温泉

  • 霧島市牧園町三体堂2057-10[MAP
  • TEL:0995-78-4012
  • 📢入浴料など詳しくは下記HPでご確認ください。
     関平温泉

よかもんのススメ…

年輪堂

年輪堂

選べる霧島茶、和洋菓子。天気の良い日は屋上席も利用可

霧島大茶樹公園内にある、霧島茶と手作りの和洋菓子を提供するカフェ。霧島連山を望む、のどかな景色に癒やされる。

「お茶には合わないといわれる中硬水だが、関平鉱泉は口当たりがよくて滑らか」と店主の新里大輔さんが選び、たどり着いた霧島茶に合う水が関平鉱泉だった。「水出しが分かりやすい」と入れたてを味わえば、口の中に茶葉の甘さがふわっと広がった。

デザイン企画などが本業の新里さんは、関平鉱泉のパッケージデザインに携わった一人。「お店や家に置いても違和感のないデザインが気に入っている」

年輪堂「店内」

白を基調とした明るい店内

年輪堂

  • 霧島市牧園町持松690-5[MAP
  • TEL:0995-55-1369
  • 営/10:00~17:00
  • 休/水・木曜
  • nenrindo619

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ