この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

花のまち長島町。情熱的で色鮮やかに咲くブーゲンビリアはSNS映え確定

長島ブーゲンビリアの丘

長島ブーゲンビリアの丘

この非日常空間は「花のまち」ならでは!

一歩足を踏み入れると、目の前にカラフルな世界が広がった。ピンクや朱色、だいだい色の鮮やかなブーゲンビリア。柔らかな陽光の下で重なり合うさまざまな色が、幻想的な雰囲気を醸し出す。

長島ブーゲンビリアの丘「重なり合うさまざまな色のブーゲンビリア」

色とりどりのブーゲンビリアが咲き誇る

長島ブーゲンビリアの丘「さまざまな色のブーゲンビリア」

幻想的な雰囲気

「長島ブーゲンビリアの丘」は、「花のまち」をうたい町の景観作りに力を入れる長島町営の施設だ。「花が少なくなる冬場に花を楽しめるスポットを」と、2017年10月にオープンした。現在、ハウス内に約30種類・164本のブーゲンビリアが地植えされており、県内はもとより福岡など県外からも多くの客が訪れる。

長島ブーゲンビリアの丘「ハウス」

ハウス内には約30種類・164本のブーゲンビリアが

長島ブーゲンビリアの丘「ハウス内」

県外からも多くの客が訪れる

立ち上げ時から管理を担うのは、田島耕作さん。例年、11月から5月末くらいまでが見頃で、それ以降は緑一色になる。8月は剪定の時季だ。

長島ブーゲンビリアの丘「管理を担う田島耕作さん」

管理者の田島耕作さん。園を心地よく過ごせる空間にしている

長島ブーゲンビリアの丘「田島さん手製のトナカイ」

田島さん手製のトナカイ。使われなくなった木材や流木でオブジェを作って飾る

成長のスピードが早く、放っておくと枝と枝が絡まってしまうため、手入れが欠かせない。暑さの中、革手袋を突き通すほどの鋭いトゲに傷だらけになりながら、次の開花シーズンに向けた作業にいそしむ。

長島ブーゲンビリアの丘「鉢植えを販売」

鉢植えを販売。購入者には田島さんが育て方を丁寧に説明する

「ブーゲンビリアはお日さまが大好きなので良く日に当てて。冬は家の中と屋外を行き来させて寒さ対策を」と田島さん。

中南米が原産で、異国情緒が漂うブーゲンビリア。「情熱」という花言葉がぴったりの目の覚めるような色合いに、園を訪れる老若男女がカメラを向ける。

長島ブーゲンビリアの丘「真ん中に白く咲くのが花」

色付くのは花ではなく花を包む葉の一部。真ん中に白く咲くのが花

最近はSNS映えスポットとしての人気も高く、「結婚式の前撮りにも使われるんですよ。他のお客さんが『おめでとう!』と声を掛けて…」と、話した田島さん。明るく華やかな花に囲まれた異空間を満喫したい。

長島ブーゲンビリアの丘「色づくブーゲンビリア」

長島ブーゲンビリアの丘

  • 出水郡長島町川床3444-8[MAP
  • 問/下の花カフェ長島へ
  • 営/9:00~17:00
  • 入園料/一般=400円、小中高生=200円
  • 休/水曜

よかもんのススメ…

花カフェ長島

花カフェ長島「甘夏シフォンケーキとりんごタルト」

甘夏シフォンケーキ(手前・300円)のほか、りんごタルト(奥・300円)もおすすめ。どちらも甘夏農家の手作り♪

「長島ブーゲンビリアの丘」で花々に心を弾ませた後は、併設するカフェへ。鹿児島市のコーヒー店「可否館」の豆を使用したコーヒーで一息つこう。春の一押しは、獅子島の甘夏農家が手作りする「甘夏シフォンケーキ」。ふわふわのシフォンケーキと優しい甘さのマーマレードは相性抜群で、普段はかんきつ系ジャムの苦みが苦手、という人にも味わってほしい一品だ。

花カフェ長島「押し花作品などの展示」

押し花作品などの展示も

花カフェ長島「地元住民の作品を販売」

地元住民の作品を販売

カフェ内では地元の施設利用者やサークル活動に取り組む人たちによる作品の販売・展示を行う。のんびりと「長島時間」を過ごして。

花カフェ長島「花苗も販売」

花カフェでも花苗を販売している

花カフェ長島

花カフェ長島

  • 出水郡長島町川床3444-8[MAP
  • TEL:0996-87-1600(長島ブーゲンビリアの丘問い合わせも兼ねる)
  • 営/10:00~17:00(L.O.16:30)
  • 休/水曜

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ