この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

指宿「砂むし温泉」。世界的に希少な温泉で身体の芯まで温まろう…

砂むし会館 砂楽「入浴中」

身体の芯まで温まる指宿の「砂むし温泉」

地元愛が紡ぐ希少な湯!

砂むし温泉の歴史は古く、ポルトガル人による1547年刊行の「日本報告」が最も古い文献資料として残る。高度経済成長期に広まった新婚旅行や高齢化による健康ブームと、時代ごとにその珍しさと健康への期待から注目を浴びてきた。


砂むし温泉「湯気の上がる波打ち際」

湯気の上がる波打ち際

山で湧く源泉が海へと向かい、海水と交わる境界で湧き出す自然現象を利用した、世界的にも希少な砂むし温泉。波打ち際で砂むし温泉ができるのは、天気の良い大潮干潮の時だけ。月平均7日程度で、チャンスは1日2時間ほど。

波打ち際の砂むし温泉

世界的にも希少な波打ち際の砂むし温泉

掘るほどに熱い50℃を超える砂を、人肌に心地良い適温に調整しながらかけるのが“砂かけさん”の仕事だ。「入浴時間は10分を目安に、我慢比べはしないで」と呼びかける。

砂むし会館 砂楽「スコップで砂を掘ると湯気があがる」

スコップで砂を掘ると湯気があがる

砂むし会館 砂楽「来客に備えるスタッフ」

来客に備え、砂場にゆりかごのようなスペースを作る“砂かけさん”の今村さん

「好みを見極めながら、説明したり、熱めの砂をかけたりと工夫している」と話すのは、砂楽で砂かけ歴5年になる今村諄さん。「地元の指宿を盛り上げたい」。熱い思いを胸に、観光の最前線で活躍する。

砂むし会館 砂楽「砂かけさんの今村さん」

スコップは持ちやすい、少し柄の長いものを使う

「体力勝負の仕事。一日1,000人以上訪れることもある」。自分専用のスコップを相棒に、サクッ、サクッと砂をすくい、あっという間に体を包み込むきれいな砂山を築いた。

管理部の濱村一樹さんは、「若い砂かけさんが増えて頼もしい。まずは裸足で砂場を歩くことに慣れ、先輩について学び、人形相手の練習を経て一人前になっていく」とうれしそうに語った。

砂むし会館 砂楽「砂かけ直前」

砂かけの直前

砂むし会館 砂楽「砂かけ中」

砂かけの最中

体に乗せる砂は約20kg。程よい圧に温かさ、聞こえる波音で心も体もデトックス。「熱いときは少し背中を持ち上げて、冷たい砂を入れてみて」と濱村さんはアドバイスする。空気の冷たい冬場は、砂から出た時の爽快感がたまらない。

砂むし会館 砂楽「砂むし升の中の砂を消毒」

1日2回ほど、80℃以上の源泉で砂むし升の中の砂を消毒

砂むし会館 砂楽「砂むし升の小屋」

海岸沿いに作られた、砂むし升の小屋

砂むし会館 砂楽

砂むし会館 砂楽(さらく)

「砂楽」の入浴料は、貸し浴衣付きで大人1,100円。タオルは1枚200円で購入可。詳しくは上記HPでご確認ください。

砂楽「貸し浴衣とタオル」

💁‍♀️

📢指宿インフォ

指宿市考古博物館「時遊館COCCOはしむれ」[MAP]=0993-23-5100=で開催中の企画展「泉都指宿一度はおいで」の様子。

指宿温泉の歴史から、砂むし温泉の仕組みまで紹介する。2022年7月3日まで開催。

時遊館COCCOはしむれ企画展「泉都指宿一度はおいで」

よかもんのススメ…

いぶすき極上体験プログラム

いぶすき極上体験プログラム「砂むし温泉」

砂むし温泉のプログラムも体験できる!

1枚1,200円のチケットで、お得に指宿市の食事や体験が楽しめる「指宿極上体験プログラム」。チケットを購入し、好きなプランを予約するだけで気軽に利用できる。

ちなみに砂むし温泉では、特産品のオクラを使う「オクラフェイスマスク」付きのプログラムも体験できる。

いぶすき極上体験プログラム「オクラビューティーセット」

特産品のオクラを使ったオクラフェイスマスク

いぶすき極上体験プログラム「オクラビューティーセットで砂むし温泉体験中」

体の内側からも外側からもキレイになっちゃう

プログラムは20種類以上。チケット1枚で、元祖指宿らーめん二代目の勝武士ラーメン(1,560円)を2杯食べられたり、幕末から明治の薩摩の歴史と文化を伝える美術館・薩摩伝承館(入館料=1,500円)に、お土産付きで入館できたりと、観光協会が厳選した指宿の魅力たっぷりのプランばかりだ。チケットは指宿市観光協会、指宿駅などで販売する。

指宿市観光協会の皆さん

PRする観光協会の皆さん

指宿市観光協会

  • 指宿市湊2-5-33[MAP
  • TEL:0993-22-3252

📢プログラム内容やチケット販売所は、「いぶすき極上体験」のサイトでご確認を!

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ