この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむ

パテ風ミートローフ干しイチジク入り | ごちそう家ごはんメニュー&レシピ

パテ風ミートローフ干しイチジク入り

パテ風ミートローフ干しイチジク入り

多彩なアレンジ。冬の食卓にぜひ!

ミートローフをパテ風の優しい味わいに仕上げました。ドライフルーツの自然な甘みやナッツの香ばしさ、趣ある断面や具材ごとの食感の違いに面白さがあります。

サンドイッチやペーストにしてパンと合わせたり、肉だねを平たく焼いてお節料理の松風焼きにとアレンジも多様です。

作り置きの一品が冬の食卓に花を添えます。

パテ風ミートローフ干しイチジク入り

パテ風ミートローフ干しイチジク入りレシピ

~材料~(8×18×6cmのパウンド型1台分)
  • 豚ひき肉:250g
  • 鶏もも肉:150g
  • タマネギ:100g
  • ニンニク:1片
  • 塩:5g
  • ナツメグ·こしょう:適宜
  • クルミなどの素焼きナッツ:50g
  • 干しブドウやかんきつピールなどのドライフルーツ:30g
  • 干しイチジク:4、5個(干し柿やプルーンでも可)
  • パン粉:30g
  • ローリエ:2枚
  • パセリ(葉):5g
  • 牛乳:大さじ2
  • 溶き卵:1個分
  • ワイン(または酒):大さじ1
~作り方~
  1. パウンド型の内側にクッキングシートを敷き、外側はアルミホイルで包む。鶏肉は約1cm角に刻み、ナッツとドライフルーツは粗くみじん切りに、タマネギとニンニク、パセリはみじん切りにする。オーブンを180度に予熱し、湯せん焼き用の湯を沸かす(蒸し器を使ってもよい)。
  2. フライパンにサラダ油(分量外)を入れ、タマネギとニンニクをしんなりするまで炒め冷ます。ボウルにAを入れパン粉を浸す。
  3. 別のボウルに豚ひき肉、鶏肉、塩、ナツメグ、こしょうを入れ粘りが出るまでまぜる(肉の温度が上がり脂が溶けないよう素早くまぜる)。②のタマネギとニンニク、パン粉、パセリを加えよくまぜ、ナッツとドライフルーツを加えさらにまぜる。
  4. 型に③の肉だねを空気が入らないように詰めていく。半量詰めたら、干しイチジクを並べ、残りの肉だねを重ねて平らに整える。表面にローリエを置きアルミホイルでふたをする。天板に湯を張り180度のオーブンで50~60分湯せん焼きにする(蒸し器の場合は40~50分中火で蒸す)。竹串を刺して赤い肉汁が出てこなければ出来上がり。
  5. ふたのアルミホイルの上に水入りのペットボトルなどで重しをして冷ます。完全に冷えたら型から外して冷蔵庫へ入れる。食べるときに1.5cmぐらいの厚さに切る。

料理制作・監修

松﨑直子さん

薩摩川内市生まれ。夫の転勤に伴い県内離島含む10市町村に移住を重ね、現在は故郷の薩摩川内市で夫との2人暮らし。

暮らしの一部になっている料理・お菓子作りは「家族や友人との大切なコミュニケーションツール。調理は旬の食材と四季が頼りの独学です」と語る。

温もりを感じる美しい料理の数々は、写真共有サイトInstagram(インスタグラム)で19,000フォロワーから支持されている。

@komugi3955

松﨑直子さんのEssay

ユズやボンタン、サワーポメロなど、近年手入れの行き届かなくなった実家のかんきつ類は実より皮を重宝し、そのほとんどを保存食に仕上げてきました。砂糖を加え炊いた皮は乾燥させ、砂糖菓子やフルーツケーキ、料理の隠し味に欠かせません。

渋柿の干し柿

渋柿の干し柿

渋柿の干し柿作りも毎年恒例の手仕事になっています。温暖化のせいか葉を落とした渋柿の収穫は年末にずれ込み、軒先での干し柿作りはカビ対策の気遣いも増えました。T字形の枝が付いたヘタを小さく整え皮をむき、裂いたシュロの葉で結んで、沸騰した湯と焼酎に潜らせ軒先につるします。10度以下の乾燥した日が続くと安堵し、柿の表面が固く乾いた頃一つ一つもむと、より柔らかなおいしい干し柿になります。

渋が抜け甘みが凝縮された柿は、年末年始のおもてなしに大変重宝します。自然な甘みは酢の物やあえ物によく合い、最近は上質なバターやチーズ、ナッツと合わせて食べるのが一番のお気に入りです。

 

この記事のシリーズ Series of this article

ごちそう家ごはん

「食」は暮らしの根っこ。気持ちを込めて丁寧に作った食事は、お腹だけでなく心も満たしてくれます。鹿児島県内在住の料理家3人が、身近な食材を使った「ごちそう 家ごはん」を交代で提案します。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ