この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリア

アレルギー予防にも! 子どものスキンケアはいいこといっぱい♪

いつから始めればいい?わが子のスキンケア

お悩み

子どものスキンケア、いつ頃からしていいのか知りたいです。

(鹿児島市 ちびた 39歳)


乾燥が気になり始めたこの時期。“カサカサシーズン”の到来に、保湿剤が欠かせないとの声が多く寄せられました。アトピー性皮膚炎や、思春期のニキビなどのお悩みも。

 

ぎゅ~っと!子育て奮闘記

  • フェリア副編集長・牛の体験です
赤子の娘ちゃん

動ける範囲が増えて上機嫌。ただ、目が腫れぼったい…

『痛々しいハーフバースデー』

生後半年を迎えた頃。顔じゅうに湿疹ができ、何とも痛ましい姿に。小児科で薬と保湿剤を処方してもらうと、みるみる回復!

必要な時に適切な処置を受けるのが一番と学んだ出来事だった。

スキンケアの必要性や、その効果について小児科医の先生に聞きました

今村総合病院 小児科医:四元景子先生

今回のアドバイザー

今村総合病院 小児科医:四元景子先生

宮崎県延岡市出身。鹿児島大学を卒業後、鹿児島大学病院小児科に入局。今村総合病院には非常勤で勤務する。3児(高校1年生、中学1年生、小学5年生)の母。

  • 今村総合病院TEL:099-251-2221

赤ちゃんの肌はカサカサ!

赤ちゃんの皮ふの厚さは大人の半分。水分はどんどんなくなります。皮脂の分泌は生後3、4カ月でほぼ止まってしまうので、赤ちゃんの肌はカサカサなんです。1日1回、保湿をする必要があります。

痒がり赤ちゃん

あせもができたり、かゆがったりするのは、肌のバリアが低下している証拠。「かゆくて眠れない」という子もいます。睡眠が妨げられるのは、成長にも悪影響です。バリア機能を高めるためにも毎日保湿してください。産後、初めての沐浴(もくよく)から始めると良いでしょう。

スキンケアは食物アレルギーの予防にもつながるといわれています。アレルギーの成分がホコリにたくさん含まれているため、皮ふからの侵入でアレルギーを発症することがあります。肌のバリアを整えるために、湿疹はすぐに治すことが重要です。

保湿クリームは、肌に合うものであれば大丈夫です。選ぶ際は無添加のものがいいでしょう。食物成分を含むものは、アレルギーの原因となることがあるため注意が必要です。

スキンケアの時間は、スキンシップにもつながります。子どもたちにとって「ちゃんと見てもらっている」という、安心感につながります。自分で塗れるようになったら、ほめてあげて。小学生もまだ肌はカサカサですので、継続することをおすすめします。

日光は適度に浴びよう

子どもたちは外遊びが大好きですが、日光を浴びることに抵抗のある保護者も少なくないでしょう。紫外線を浴びることで、骨を丈夫にするビタミンDが体内でつくられます。

外で遊ぶ子ども

近年は日焼けを避けすぎて、くる病を発症する子もいます。適度に日光に当たるようにしましょう。春、秋は15~20分、冬30分、夏は5分くらいが良いでしょう。それ以上の長時間日光を浴びる際は、日焼け止めを塗りましょう。

赤ちゃんは退院後、窓際で日なたぼっこするのもいいです。黄疸(おうだん)にも効果的です。

肌トラブルには早めの受診を

子どもの成長とともに起こす肌トラブル、気になることがあれば早めに受診しましょう。乳児湿疹が健診時に出ていたら、薬を処方していますが、放置せず小児科で相談してみてください。

アトピー性皮膚炎は毎日のスキンケアがとても大切です。お肌の状態で必要なお薬は変わりますので、かかりつけ医に相談しましょう。

思春期は、生後3、4カ月で止まっていた皮脂の分泌が再び始まる時期。ホルモンや、受験などのストレスも重なり、ニキビが増えやすいです。朝晩の洗顔で清潔に保つことはもちろんですが、皮膚科で相談することをおすすめします。

病院はいい解決法を相談できる場所。いいコンディションを長く保つためにも、適切な治療を受けましょう。

😃

先輩パパ・ママの応援メッセージ♪

お風呂上がりに、全身にクリームを塗るようにしています。ベビーマッサージのリズムで歌いながらすると喜んでくれます。

(鹿児島市 36歳)

 

子育ての悩み・相談を募集!

次回のテーマ:「感染症対策」

  • 投稿内容
  • 氏名・ペンネーム
  • 年齢
  • 職業
  • 住所
  • 電話番号を明記して、

e-mail:felia@373news.comへ。

「ママ友付き合い」「予防接種」など、今後取り上げてほしいお悩みも募集中♪

 

この記事のシリーズ Series of this article

フェリア子育て相談室

子どもって一人ひとり全然違って、育児本通りにいかないことばかりですよね。そんな日々の育児での迷いや困り事は、一人で思い悩まずフェリアに相談を。あなたに代わってフェリアスタッフが専門家に取材してアドバイスします♪

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ