この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

貴重な名石・加治木石に魅了された人々の熱い思いとは…(姶良市)

加治木石「木村ブロック工業にて」

貴重な加治木石

時代を超え愛される石…

石といえども、加治木石に冷たさや無機質な様子はない。白や黄色の淡い色合いや、ぼこぼことあいた穴が、温かくやわらかな雰囲気を醸し出す。

金山橋

明治時代にかけられた金山橋

金山橋敷地内のトイレ

金山橋敷地内のトイレ。やわらかな色合いが周囲と調和する

加治木石が使われている金山橋敷地内のトイレ

加治木石を間近に見て触れてみませんか?

強いが、硬過ぎず加工がしやすいため、古くは加治木島津家の屋敷や民家の塀に使われるなど、加治木の町づくりに欠かせない存在だった。今も町を歩けば、学校や図書館に名残りをとどめる。

姶良市立柁城小学校

姶良市立柁城小学校や県立加治木高校の石垣にも加治木石が使われている

姶良市の木村ブロック工業では、10年ほど前から加治木石を取り扱う。採掘場はすでに閉じているが、昨年(2020年)亡くなった会長が生前に集めた石を、加工し、販売する。

木村ブロック工業「加治木石加工中の様子」

加工中の様子。厚さ数cmの板に仕上げる

「加治木石が大好きだったんです。古い建物や蒲生の武家屋敷が解体されると聞くと、飛んで行っていました。いい石だから後世まで残したい、と言って」。そう話すのは、会長の娘で社長の木村由美子さん。近頃、新しい建物の内装に使いたいとの注文が増え、「いろいろな場所で加治木の名が知られるのがうれしい」と顔をほころばせる。

姶良市文化会館・加音ホール近くの岩下八幡神社には、木村ブロック工業が寄付した加治木石のベンチが設置してある。ちょっと一休みしたいときに立ち寄ってみて。

岩下八幡

岩下八幡

岩下八幡「加治木石のベンチ」

加治木石のベンチ

地質学が専門の、鹿児島大学名誉教授・大木公彦さんも、加治木石に魅了される一人だ。

「種類が豊富な鹿児島の石の中でも、素晴らしい名石。石の中に小さな穴が多いので断熱効果に優れていて、夏は涼しく、冬は暖か。エコな石とも言えます」。

鹿児島大学名誉教授・大木公彦さん

鹿児島大学名誉教授・大木公彦さん

加治木石が使われている建物で大木先生の一押しは、鹿児島市の中央公民館。「晴れた日に見ると、特に素晴らしい」

鹿児島市の中央公民館

加治木石が使われている鹿児島市の中央公民館

地球の長い歩みの中で生まれた石を、時代に合わせ使い継いでいく。SDGs(持続可能な開発目標)がかなう素材としても、目が離せない。

木村ブロック工業

 

よかもんのススメ…

ライカワークラウンジ

JR鹿児島中央駅東口の商業施設・Li-Ka(ライカ)1920。5階ワークラウンジの受付の壁には、加治木石のディスプレーが飾られている。

Li-Ka 1920ワークラウンジ「受付の壁」

受付に飾られた加治木石

色味の違う石の組み合わせが、モダンな雰囲気を放つ。「県内外さまざまな人が訪れるので、鹿児島らしいものを使いたかった。上品ですね、とお客さまの反応もいい」と、チーフの加治屋紗代さんは話す。

ワークラウンジではほかに、桜島の灰を使ったランプシェードや革のパーテーションなど、地元作家の作品が使われている。

Li-Ka 1920ワークラウンジ「桜島の灰を使ったランプシェード」

ONE KILN(ワンキルン)ランプシェード。一つ一つ表情が異なるのが魅力

Li-Ka 1920ワークラウンジ「革のパーテーション」

革のパーテーション

鹿児島の新たな「よかもん」を知る場としても◎👍

ライカ(Li-Ka 1920)ワークラウンジ

  • 鹿児島市中央町19-40 5F[MAP
  • TEL:099-203-0724
  • 営/9:00~19:00
  • 休/ライカ休館日に準じる
  • 料金/1時間:770円、3時間:1,100円など
  • HP/ライカワークラウンジ

 

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ