この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

「仏壇はアートだ!」仏壇職人集団・川辺手練団の飽くなき挑戦(南九州市)

川辺手練団「ランプシェード」

川辺仏壇の蝶番の技術をデザインに取り入れたランプシェード

職人はいいものを作りたい…

「木地」「金具」「宮殿(くうでん)」「塗り」「蒔絵(まきえ)」「彫刻」「仕上」と、七つの工程を職人で分担し仏壇を作り上げる。「川辺仏壇工芸会館」でひときわ輝きを放つのは、2020年の「全国伝統的工芸品仏壇仏具展」で賞を受けた約880万円の仏壇だ。

全国伝統的工芸品仏壇仏具展」で入賞した仏壇

木原さんが金具の装飾を担当した、「全国伝統的工芸品仏壇仏具展」で入賞した仏壇と有薗さん(右)、木原さん



全国伝統的工芸品仏壇仏具展」で入賞した仏壇

まさに「仏壇はアートだ!」

欄間に施した彫刻の軍配や金具で制作した金の鶴など匠の技が随所に光る。しかし、生活様式の変化で仏間のない家が増え、仏壇の注文は減り続けている。「お客さまは安いものを求めるが、職人はいいものを作りたい」と組合専務理事の有薗英樹さんは肩を落とす。

木原製作所「飾り金具制作の様子」

寺院に納める飾り金具制作の様子


木原製作所「柄を刻む作業」

木の升の中にはさまざまな形の鏨(たがね)が収められていた


木原製作所「銅に柄を刻む」

さまざまな形の鏨(たがね)を組み合わせ、銅に柄を刻む


飾り金具

飾り金具

「職人が前に出る時代」と、組合員で「川辺手練団」を結成したのは5年前。各職人と有名デザイナーがコラボレーションし、金箔で輝くスピーカーや木の軟らかさを生かした神棚、漆・金属加工の技術を施したスタックコンテナーなどを生み出した。

川辺手練団「金箔で輝くスピーカー」

金箔職人・有薗さんが制作に携わった、存在感のある金箔で輝くスピーカー

川辺手練団「スタックコンテナー」

ペーパーコンテナに、漆・金属加工の装飾を施したスタックコンテナー「行李(こうり)」

ヨーロッパの展示会に出品したのは、蝶番の技術をデザインに取り入れたランプシェード(=トップ写真)。ニューライトポタリー(奈良県)と、木原製作所、河村金具製作所、木原金属工芸社の3社の金具屋で作り上げた。

「蝶番を斜めに曲げる作業が難しい。光をともした時、天井にできた影の美しさに感動した」と木原製作所常務取締役の木原正裕さんは振り返る。素材は真ちゅうに銅、黒く染めた銅の3種類。八角、十二角と二つの大きさがある。「作り手だからこそ知っている商品の良さを伝えたい」。「川辺手練団」の旗の下、職人たちの団結力で新商品開発や販売に挑む。

川辺手練団(しゅれんだん)=鹿児島県川辺仏壇協同組合=

 

よかもんのススメ…

川辺仏壇工芸会館

川辺仏壇工芸会館「黒く染めた銅のランプシェード」

黒く染めた銅のランプシェード

「川辺手練団」の商品をはじめ、伝統的な川辺仏壇や仏壇の制作技術を生かした工芸品などを展示・販売する。「子どもが生まれた時に仏壇を購入することで、小さい頃から仏壇の前で手を合わせ、心を落ち着かせる習慣を」と呼びかける有薗さん。

川辺仏壇工芸会館

川辺仏壇や仏壇の制作技術を生かした工芸品などを展示・販売

組合では、川辺仏壇の購入、修復依頼で、工芸品をプレゼントするキャンペーンを実施中(無くなり次第終了)。

川辺仏壇工芸会館「プレゼントキャンペーン商品の一部」

プレゼントキャンペーン商品の一部

蝶番の修復作業の様子

蝶番の修復作業の様子

リメーク、小型仏壇の制作なども相談可。2階には体験作業場を設け、彫金の風鈴や螺鈿アクセサリーなどの体験も人気だ。

川辺仏壇工芸会館内

川辺仏壇工芸会館

川辺仏壇工芸会館

各種体験は4人から受け付ける。職人の日程調整が必要なため、事前予約が必要

 

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ