この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむ

旬の秋ナスを使ったレシピたち | ごちそう家ごはんメニュー&レシピ

野菜カレーナスボートやナスポタージュ、ナスのラッシー

野菜カレーナスボートやナスポタージュ、ナスのラッシー

秋ナスは今からおいしさが増す素材!

日差しの和らぐ9月、夏ナスに比べて軟らかくおいしさが増す秋ナスは、焼きナス、お浸しなどの総菜で親しまれています。今回はカレー粉や乳製品を使ったスパイシーなレシピを紹介します。

野菜カレーナスボートのレシピ

~材料~(2人分)
  • ナス(大):1本
  • 鶏もも肉:100g
  • タマネギ:1/4個
  • ニンニク:1片
  • 赤ピーマン・ピーマン:各1/2個
  • ミニトマト:5個
  • オリーブ油:適量
  • ピザ用チーズ・パン粉・パセリみじん切り:適量
  • カレー粉:小さじ1
  • トマトケチャップ:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 顆粒コンソメ:小さじ1
  • 塩・こしょう:適量
~作り方~
  1. ナスは半分のボート形に切り、底の部分の皮をピーラーで2cmむく。
  2. フライパンにオリーブ油を熱し、①を両面蒸し焼きにして軟らかくなったら取り出し、耐熱皿かアルミホイルにのせておく。
  3. ニンニクはみじん切りに、鶏肉とタマネギ、ピーマンは2cm角に切る。フライパンにオリーブ油を熱してニンニクを入れ、香りが立ったら鶏肉を炒め、火が通ったらタマネギとピーマンを加える。野菜がしんなりしたらAを加えふたをして弱火で約5分煮込む。半分に切ったミニトマトを加えさっと火を通す。
  4. ②のナスをスプーンで軽くへこませて③をのせ、ピザ用チーズにパン粉をかけトースターで5分、焼き色が付くまで焼く。好みでパセリのみじん切りを散らす。

ナスポタージュのレシピ

~材料~(2、3人分)
  • ナス:200g
  • タマネギ(小):1/4個
  • 水:200ml
  • 顆粒コンソメ:小さじ1
  • 牛乳:200ml
  • オリーブ油・生クリーム:適量
  • 塩・こしょう・ピンクペッパー:適量
~作り方~
  1. ナスは皮をむいてラップで包み、電子レンジ(600W)で3分加熱する。グリルで焼いてから皮をむいてもよい。タマネギは薄切りにする。
  2. 鍋にオリーブ油を熱しタマネギを炒め、しんなりしたら①のナス、水、顆粒コンソメを加え5分煮て火を止める。粗熱が取れたらボウルに移しブレンダーやミキサーでまぜて滑らかにし鍋に戻す。牛乳と生クリームを加え火にかけて塩・こしょうで味を調え、沸騰直前で火を止める。器に注ぎ、ピンクペッパーを入れる。

ナスのラッシーのレシピ

~材料~(2、3人分)
  • ナスコンポート:100g(作り方は下記エッセー参照)
  • ヨーグルト:100g
  • 牛乳:100ml
  • ミントの葉
~作り方~
ミント以外のよく冷やした材料をブレンダーやミキサーでかき混ぜ、グラスにつぎ分けてミントの葉を飾る。

料理制作・監修

松﨑直子さん

薩摩川内市生まれ。夫の転勤に伴い県内離島含む10市町村に移住を重ね、現在は故郷の薩摩川内市で夫との2人暮らし。

暮らしの一部になっている料理・お菓子作りは「家族や友人との大切なコミュニケーションツール。調理は旬の食材と四季が頼りの独学です」と語る。

温もりを感じる美しい料理の数々は、写真共有サイトInstagram(インスタグラム)で19,000フォロワーから支持されている。

@komugi3955

松﨑直子さんのEssay

夏から秋にかけて長く旬を楽しめるナスは、多様な味付けになじむ大らかさが魅力の一つで、レモン果汁入りシロップで煮るとリンゴのように爽やかなデザートに変身します。

コンポートを使った色のきれいなゼリーもお薦めです。

ナスのコンポートとナスゼリー

ナスのコンポート(左上)とナスゼリー

ナスのコンポートのレシピ

~材料~
  • ナス:1、2本(200g)
  • 砂糖:70g
  • レモン果汁:大さじ2
  • 水:150ml
~作り方~
  1. ナスは皮をむき、縦に4~6等分(長いものは横半分)に切る。
  2. ナス、ナス皮、砂糖、レモン汁、水を鍋に入れクッキングシートでふたをし火にかけ、沸騰しないように中弱火で10分煮て火を止め煮汁ごと冷蔵庫で一晩冷やす。

ナスゼリーのレシピ

~作り方~
  1. ナスのコンポートを2cm角に切りシロップと水を合わせて400ml(皮も含む)を鍋に入れ沸騰直前まで加熱する。
  2. 水25mlに粉ゼラチン5gを振り入れふやかしたものを入れてまぜ、氷水を当てて冷ます。
  3. 皮は取り除き器に盛り冷蔵庫で3時間冷やす。好みで生クリームなどを添える。

 

この記事のシリーズ Series of this article

ごちそう家ごはん

「食」は暮らしの根っこ。気持ちを込めて丁寧に作った食事は、お腹だけでなく心も満たしてくれます。鹿児島県内在住の料理家3人が、身近な食材を使った「ごちそう 家ごはん」を交代で提案します。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ