この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリア

枕崎市文化資料センター 南溟館|海と空の青に溶け込んだ「新しい芸術」の発信拠点

南溟館常設展示場

鹿児島出身の洋画家・海老原喜之助や吉井淳二の作品などを展示する常設展示場。内観のモチーフは知覧の番傘

水産業の町・枕崎をイメージさせる木造建築

林野庁のモデル木造施設建設促進事業の適用を受けて造られた美術館

現代アートを中心に500点を収蔵

枕崎市街地を一望する小高い丘に建つ、1988年に開館した木造の美術館。曲線が美しい木造建築は、水産業の町・枕崎をイメージさせる船のイカリがモチーフで、木々の緑、海と空の青に溶け込む。

収蔵作品は約500点。現代アートを中心に郷土ゆかりの作家の作品が収められている。3年に1度開催する国際公募展「枕崎国際芸術賞展」のコンセプトは「枕崎から世界へ新しい芸術を発信」。来(2022)年に第3回目の開催を予定し、まもなく募集が始まる。

屋外の緑地には立体作品を配置。写真は宮薗広幸作の「どれどれ」

ギャラリー情報

枕崎市文化資料センター 南溟館

  • 枕崎市山手町175[MAP
  • TEL//0993-72-9998
  • 営/9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休/月曜、年末年始
  • P/あり

企画展会期中は変更あり
常設展示無料

Topics

特別企画展「親愛なる友 フィンセント 動くゴッホ展」

ゴッホ作品(画像・動画)約860点が一堂に会す、西日本初上陸の「デジタルファインアート展」。先進のデジタル技術でタッチに動きを加え、ゴッホが本当に描きたかった心情表現に迫る。4×9mの巨大画面に映し出される動く名画は圧巻。ストーリー仕立ての解説や撮影スポットなど、アート初心者や子どもでも楽しめる内容だ。運営するネオスペース代表・樋口光仁さんは「純粋芸術に触れるきっかけになれば」と語る。

2021年9月5日(日)まで開催(会期中は無休)。大人1000円、高・大生800円、中学生以下無料。前売り券は200円引き。

※本物のゴッホ作品は展示に含まれておりません。

 

募集!
「Felia!」は、鹿児島のアーティストを応援しています。あなたも「アートギャラリー」で作品を発表してみませんか。

★応募規定
鹿児島県に縁のある人が対象。自薦・他薦、ジャンルは問いませんが、近作(賞受賞作品を除く)に限ります。住所、名前(ふりがな)、生年月日、電話番号を書いた用紙に作品の全体が分かる写真かデータ(返送不可)を添えて、郵送かメールでご応募ください。応募者全員の作品が掲載されるとは限りません。掲載決定者には前もって連絡します。

送り先は〒890-8603 南日本新聞社フェリア編集室「アートギャラリー」係。
メールは「felia@373news.com」まで。
問い合わせはフェリア編集室=099-813-5069。

 

この記事のシリーズ Series of this article

Art Gallery

「Felia!」は、鹿児島のアーティストを応援しています。あなたも南日本新聞フェリア紙面のコーナー「アートギャラリー」で作品を発表してみませんか。
★応募規定★
鹿児島県に縁のある人が対象。自薦・他薦、ジャンルは問いませんが、近作(賞受賞作品を除く)に限ります。
住所、名前(ふりがな)、生年月日、電話番号を書いた用紙に作品の全体が分かる写真かデータ(返送不可)を添えて、郵送かメールでご応募ください。応募者全員の作品が掲載されるとは限りません。掲載決定者には前もって連絡します。
送り先は〒890-8603 南日本新聞社フェリア編集室「アートギャラリー」係。
メールは「felia@373news.com」まで。
問い合わせはフェリア編集室=099-813-5069。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ