この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

くらし・住まい
フェリア

手術後も続く痛みやしびれはなぜ起きる… | フェリアクリニックvol.9

それは術後疼痛症候群と呼ばれるものです。

「腰の手術を受けたのですが、痛みやしびれがまだ残っていて…」と言って、わたしの外来を受診される患者さんがいらっしゃいます。このように、特に「頸椎・腰椎」、「開胸・開腹」などの手術後に痛みやしびれが続く、または新たに痛みが発生する症状は『術後疼痛症候群』と呼ばれています。

腰の痛みイメージ

中には「手術の失敗ですか?」と尋ねる方もいますが、これは失敗ではなく、現時点では避けることができない痛みと考えられています。原因となった病気、手術部位、手術方法などによってその症状は違いますが、すべての手術がこの痛みを発生する可能性を含んでいます。

『術後疼痛症候群』の代表的なものとその特徴には

  1. 頸椎・腰椎術後症候群:首や腰の術後に残る痛みやしびれ
  2. 開胸術後痛症候群:開胸術後の術直後とは性質の異なる痛みやしびれ
  3. 瘢痕性疼痛症候群:手術の傷痕に一致するピリピリする痛み
  4. 幻肢痛:四肢の切断後になくなったはずの四肢や乳房の痛み
  5. 旧肛門部痛:直腸がん術後の肛門部の痛み
  6. 複合性局所疼痛症候群:術後から起こる原因不明の痛み

などがあります。

『術後疼痛症候群』の代表的なものとその特徴

『術後疼痛症候群』の代表的なものとその特徴

いずれも治療が難しい難治性の痛みとされていますが、できるだけ早く原因をつきとめて、それに応じた治療を行うことで改善できる可能性があるので、早めの受診と適切な治療が大切です。

われわれの行う『神経ブロック』は上記の治癒を早め、長引く痛みから解放できる可能性があります。上記症状にお心当たりのある方は、一度ペインクリニック内科(痛みの専門治療)を受けて治療の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

もちろんその方の希望や、注射はちょっと怖い、という場合も、内服やリハビリの相談など、一人一人に合ったオーダーメイド治療が可能です。お気軽にご相談ください。

 

フェリア紙上クリニック担当医

前原総合医療病院ペインクリニック内科 前原光佑先生

ペインクリニック内科
前原光佑 先生

医療法人誠心会 前原総合医療病院

  • 日置市伊集院町妙円寺1-1-6[MAP
    鹿児島市内から車で30分
    伊集院駅からタクシーで5分
  • TEL:099-273-3939
  • 診療科目/整形外科・内科・ペインクリニック内科・リウマチ科・リハビリテーション科・呼吸器外科・消化器外科・循環器内科・放射線科・麻酔科(安田智嗣、鶴丸健士、古別府裕明、前原光佑、牧野沙耶)・眼科・耳鼻咽喉科・歯科・小児歯科・口腔外科・脳神経内科・救急科
  • 診療時間/9:00~18:00
  • 初診受付/原則[月火木金]=午前11:00まで、午後3:30まで。[水土]=午前11:00まで
  • HP/前原総合医療病院

 

前原総合医療病院

2020年9月23日にグランドオープン


質問や感想を募集します

ペインクリニックに関して、質問や感想を編集室までお寄せください。
📧/felia@373news.com【ペインクリニックについて】

 

この記事のシリーズ Series of this article

教えて!ペインクリニック

前原総合医療病院の医師・前原光佑先生が、ペインクリニックについて紹介します。先生への質問や感想をフェリア編集室までお寄せください。宛先は各記事内に記載されています。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ