この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリア

歯磨きを嫌がるウチの子。どうしたら良いの?専門家に聞きました

毎日が『絶対に負けられない戦い』です…

お悩み

2歳になる子どもの歯磨きは毎日の戦いです。なかなかおとなしく歯磨きしてくれないので暴れて大変…。皆さんどのようにしているのかな?と思っています。

(鹿児島市 トモ)


歯磨きについてはもちろん、歯並びや、指しゃぶりなどの癖についてもお悩みが寄せられました。実は私も歯列矯正中。やっぱり早い方がいいのかしら?

 

二人の専門家に聞きました

鹿児島市中央町にある鹿児島中央駅前矯正歯科の阿多美幸院長に『歯磨きの仕方』を。田中矯正歯科の窪田健司総院長に、『歯列矯正の時期』について聞きました。

鹿児島中央駅前矯正歯科 阿多美幸院長

『歯磨きの仕方』のアドバイザー

鹿児島中央駅前矯正歯科:阿多美幸院長

県内の小児矯正歯科を経て、田中矯正歯科勤務。6月18日開業の鹿児島中央駅前矯正歯科で院長を務める。

  • 鹿児島中央駅前矯正歯科
  • TEL:099-201-3251

小学校低学年までは仕上げ磨きを

歯磨きは1日3回、食後にすることが大事。歯ブラシだけでは6割程度しか汚れが落ちないため、夜はデンタルフロスや歯間ブラシも使って磨きます。丈夫な歯にするために、定期的に歯科でもフッ素を塗ってもらいましょう。仕上げ磨きは小学校低学年まではした方が良いそう。

歯磨きを嫌がる子に対して、阿多院長は「体や頬を触り、リラックスした状態で磨いてあげて」とアドバイスします。歯が生える前の乳児は、口の中を触ったり、歯固めを使ったりするのがオススメ。歯磨きをするようになっても、嫌がりにくくなるようです。

『歯列矯正の時期』のアドバイザー

田中矯正歯科:窪田健司総院長

  • 鹿児島市中央町21-14
  • TEL:099-257-9052

骨格に問題がある場合は早めに相談

子どもの矯正治療は成長を利用することができるため、抜歯せずに治療できる可能性が高くなります。治療開始の年齢は6~9歳が多いようですが、受け口や顎のゆがみなど、骨格に問題がある場合は3~5歳くらいの早期に治療する方がより効果的。窪田総院長は「検診などで指摘されたら、まずは相談して」と呼びかけます。

子どもの口唇閉鎖不全(お口ぽかん)は鼻づまりなどさまざまな原因があります。装置や吹き戻しなどを使い、口の周りの「口輪筋」や舌のトレーニングでケアします。年齢が上がるにつれて、治りにくくなります。気になるようであれば、相談しましょう。

また、指しゃぶりにも注意が必要。3歳以降も続くようであれば、歯科に相談を。最近は指しゃぶりをやめさせるのに効果的な絵本もあるそうです。

先輩パパ・ママの応援メッセージ♪

娘は早くから歯科に定期受診して、フッ素塗布などしてもらっていました。おかげで虫歯はなし。矯正もうまくいき、トラブルなしです。

(鹿児島市 47歳)

ぎゅ~っと!子育て奮闘記
フェリア編集長・牛の体験です

白い歯を出してニコニコの娘。幸い歯磨きも歯科も好きだ

『ママそっくりの出っ歯だね~!』

娘はパパそっくり。ただ、歯並びだけは私に似てしまった。矯正歯科への通院に娘を付き合わせたところ、主治医に「ママそっくりの出っ歯だね!」と言われた。

私を30年間苦しめた「出っ歯」という言葉…。娘には同じ思いをさせまいと、最新の矯正事情にアンテナを張る日々だ。

 

子育ての悩み・相談を募集!

次回のテーマ:「子どもとメディア」

  • 投稿内容
  • 氏名・ペンネーム
  • 年齢
  • 職業
  • 住所
  • 電話番号を明記して、

e-mail:felia@373news.comへ。

今後「ママ友付き合い」「予防接種」など今後取り上げてほしいお悩みも募集中♪

この記事のシリーズ Series of this article

フェリア子育て相談室

子どもって一人ひとり全然違って、育児本通りにいかないことばかりですよね。そんな日々の育児での迷いや困り事は、一人で思い悩まずフェリアに相談を。あなたに代わってフェリアスタッフが専門家に取材してアドバイスします♪

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ