この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
フェリア

紅茶=英国の図式を崩す。日本の茶所・鹿児島の和紅茶を一度は飲むべし

笹野製茶「国産紅茶」

土壌を感じる優しい味わいは「和紅茶」ならでは…

ポットから注がれる鮮やかな琥珀(こはく)色の紅茶。華やかな香りが立ちのぼる。「和紅茶」「地紅茶」と呼ばれる国産紅茶は、宮城県を北限に沖縄県まで各地でつくられている。優しい香りと味わいが特徴。幅広い世代に親しまれている。

笹野製茶「茶畑」

緑茶と合わせて15haある茶畑

笹野製茶「アイスティーを作る笹野さん」

アイスティーは1杯分のお湯に対し、ティーバッグを2個使って抽出。さっと氷で冷やすのがポイント

「土壌に根付いているのが和紅茶の魅力。産地で味も香りも異なる」と語るのは、薩摩川内市東郷の笹野製茶・取締役の笹野千津子さん。東郷地区は寒暖差と、川内川からの霧でうま味の濃い茶葉ができる。

10年ほど前からべにふうきの若芽を摘んだ「ファーストフラッシュ」と、夏摘みの「セカンドフラッシュ」の2種類の紅茶を生産。より良い紅茶を求め、商品化まで3年を費やした。

笹野製茶「発酵をさせた紅茶を確認」

発酵をさせた紅茶を確認する。丁寧に発酵させることで紅茶の風味が決まる

和紅茶づくりはとにかく手間がかかる。摘み取りは葉が乾燥した状態を選ばなくてはならない。摘み取った茶葉は、萎(しお)れさせ、香りを引き出す工程・萎凋(いちょう)に一晩。その後、圧力をかけて、もみつぶす。

もんだ茶葉は1時間ほどスチームを送りながら発酵させる。発酵を終えると、乾燥機に入れる。乾燥後は3カ月ほど寝かせる。今年のファーストフラッシュは秋ごろ出荷する。「人の目が欠かせない。ほとんど手作業」と手塩にかけた至高の一杯だ。

笹野製茶「和紅茶専用に作られた道具」

発酵に使う棚は大工による特注


笹野製茶「紅茶」

左からセカンドフラッシュ、ファーストフラッシュ、ファーストフラッシュプレミアム

茶葉で水色(すいしょく)、味、香りが異なる(上の写真の左からセカンドフラッシュ、ファーストフラッシュ、ファーストフラッシュプレミアム)。ファーストフラッシュはストレート向きなのに対し、セカンドフラッシュは茶葉がしっかりしているため、ミルクティーでも楽しめるとのこと。

「旅に出かけられない今だからこそ、その土地特有の香りや味を楽しんで」と笹野さん。11月13、14日には南九州市知覧で「全国地紅茶サミット」が開催予定(2022年に延期)。各地の土壌が培った、優しい味わいを堪能したい。

笹野製茶「茶葉にお湯を注ぐ笹野さん」

茶葉を対流させる「ジャンピング」のために、沸騰直後のお湯を勢いよく注ぐ


笹野製茶「茶葉の対流・ジャンピング」

紅茶を愛する人たちは、じっと見入ってしまうという茶葉の対流「ジャンピング」

笹野製茶

 

よかもんのススメ…

茶寮ささの

笹野製茶が2019年、お茶の楽しみ方を伝えようと製茶工場横にオープンした。笹野さんは「自分のためにお茶を入れて、一息つく時間を」と笑みを浮かべる。

茶寮ささの

モダンな落ち着いた雰囲気の外観


茶寮ささの「店内」

店内も同様だ

店舗は、鹿児島市出身のデザイナー・砂田光紀氏が手がけたモダンな雰囲気。梅雨まっただ中の5月下旬に訪ねたが、雨音すら癒やしのBGMに感じる。

茶寮ささの「お茶箱」

自家製の「お茶箱」

紅茶のほか、緑茶や桑茶も味わえる。「お茶に合うものを」と考え抜かれた自家製の「お茶箱」(煎茶の場合1,100円)には、緑茶を使ったティラミスと、もなか、地元産のブドウを使った干しぶどうが詰められている。

おいしく入れるためのアドバイスを、お茶を知り尽くしたプロから教えてもらえるのもだいご味だ。

茶寮ささの「笹野製茶の製品」

店内では笹野製茶の製品も購入できる

茶寮ささの

  • 薩摩川内市東郷町南瀬606 笹野製茶工場横[MAP
  • TEL:0996-42-4950
  • 営/10:00~17:00
  • 休/木・日曜、祝日
  • P/あり
  • HP/茶寮ささの
  • sasano_tea

 

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ