この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ライフスタイル
フェリア

ワーキングディレクター|「私らしい生き方」一緒に探る

谷之口 陽子さん
(Colette plan代表/鹿児島市)

ある時は事業化や起業に向けた提案をし、またある時は個人の仕事着選びに同行。「働くことの質の向上が役目」と語り、自らを「ワーキングディレクター」と称する。自宅2階の事務所兼カウンセリングサロンやリモートで、国内外の顧客からの依頼や相談に応える。

法人から個人まで幅広くプロデュース

法人向けに行うのは、事業全般のプロデュース。マーケティングやブランド構築など企画・立案から、ロゴマークやホームページの制作、商品開発、店舗のインテリアコーディネートまで、内容は多岐にわたる。

強みは、一貫したプロデュースができること。経営者にとって、何人もの専門家に頼らず的確な提案を受けられるのは、大きなメリットだ。幅広いニーズに応えるため、社会情勢に気を配る。新聞は2紙、雑誌や電子書籍に目を通し、SNSチェックも怠らない。

個人向けには、その人に合わせた働き方のアドバイスや、起業プロデュースを行う。

ある時、セラピストとして活動したいという相談者が訪れた。アロマオイル専門店が認定する講師の資格を持ち、勉強熱心で意欲は十分。けれど、まだ実績がなかった。「仕事など、全てをなげうち起業するのはリスクが高すぎる。まずは緩やかに、できるところからやってみて」。相談者はパートで働きながら、セラピストとしての活動を始めることに。レンタルスペースを借り、イベントで客を得た。「前進していると本人が実感する姿を見るのがうれしい」

主婦でも会社勤務でもママでも

「自分が本当に望む生き方が分からない人が多い」という。結婚したいのか、子どもを持ちたいのか。その人らしい生き方をともに探る。「女性の社会進出が進む一方で、出産など女性にしかできないことも。子どもを産みたいのなら、リミットがあることを頭に置いた人生設計を」とアドバイスする。

自身は30代後半で出産し、「一番の理解者」である夫と2児の子育てを続ける。「世の中のママたちはこんなに大変なんだと痛感した。主婦でも会社勤務でもママでも、どんな生き方を選んだとしても、鹿児島の女性が働くことを楽しめるように、サポートしていきたい」

set-CloseUp2

谷之口 陽子(たにのくち・ようこ)さん
プロフィール

鹿児島市生まれ。建築系美術大学卒業後、福岡市の企画デザイン会社に入社。大手アパレル関連の商品開発や新事業プロデュースなどに携わる。27歳で当時上司だった女性と独立。33歳の時、父親の急逝を機に鹿児島に戻り、結婚。子育てをしながらリモートワーク中心で仕事を続ける。

2020年より、女性をメインに生き方や働き方をプロデュースするコレットサロン=090-2518-5447=を主宰。

今これに夢中です

「ネットショッピング」

旅行がなかなかできない状況なので、アメリカ発のサイト「iHerb(アイハーブ)」でオーガニックのコスメや食品を購入するのが息抜き。世界中からの口コミを参考にしながらお買い物するのが楽しみです。

資格について

学芸員、パーソナルスタイリスト

今後の目標

鹿児島在住でもこんなことができるんだ!と思ってもらえるような、ロールモデルになれたらうれしい。

 

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ