この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむてぃーたいむ

さつま町に数あるグルメ&スイーツから7選。休日にいかが?

さつま町グルメ&スイーツ7選

さつま町に数あるグルメ&スイーツから7選!休日にいかが?

宮之城・薩摩・鶴田の旧3町から成るさつま町は、竹林の里として知られる自然に恵まれた地域です。春はタケノコ狩り、初夏はホタル舟を楽しめ、オートキャンプ場などを完備した県立北薩広域公園や宮之城・紫尾温泉が人気です。タケノコや「薩摩西郷梅」として商標登録されている梅、果物の栽培も盛んです。

今回はそんな「さつま町」のおすすめグルメとスイーツをご紹介しますね。休日にいかがですか?

さつま町グルメ&スイーツIndex

新型コロナウイルスの影響で、各店舗や施設の営業時間、定休日などが変更になる場合があります

レストラン観音滝

レストラン観音滝「鯉恋膳」

鯉恋膳

ホテルの元料理長が作る和食

リゾート施設として整備が進む観音滝に、2020年8月オープンしたレストラン。ホテルで料理長を務めていた板前が特製のだしをベースに腕を振るい、人気が高まっています。

お薦めはこいこくにコイの洗い、小鉢などが付く「鯉恋膳(こいこいぜん)」(1,518円)。丁寧に下処理されたコイは癖のない味わいで、「コイ料理のイメージが変わった」の声も。桜島鶏の「唐揚げ膳」(1,518円)や、鶏旨煮うどん(825円)も好評です。

レストラン観音滝

 

麺笑 やなぎ庵

麺笑 やなぎ庵「やなぎ御膳」

やなぎ御膳

古民家で楽しむ地元産手打ちそば

店主が定年退職を機に、築100年の古民家を改装して5年前の2016年にオープン。自然豊かな山間にあり、いろりの間も備えた風情あるたたずまいが評判です。

メニューは、さつま町久富木産のそば粉で手打ちした十割そばの「かけそば」(650円)、「ざるそば」(800円)など6種類。セットメニューの「やなぎ御膳」(1,300円)はそばに野菜の天ぷら、サラダ、ご飯、コーヒー、デザートなどが付きます。そばは20食限定で予約がお勧めです。

麺笑 やなぎ庵

 

プリモ パッソ
Primo Passo

プリモ パッソ「ぺぺ玉納豆のランチ」

ぺぺ玉納豆のランチ

靴店が営むレストラン

隣接する老舗靴店の4代目店主が「趣味の料理の店に挑戦したい」と始めたレストランです。昼はパスタ10種類(750円)、ピザ3種類(850円~)から選ぶランチ(サラダ、スープ、パン付き/250円追加で手作りケーキとコーヒーも)を提供。

中でもパスタに生卵、生クリーム、納豆を加え白だしで味を調えた「ペペ玉納豆」が名物です。

夜は1日1組の予約制(おまかせコース2,000円~)で、メインに鍋料理を選ぶと締めの麺が食べ放題。2,500円以上のコースはチーズフォンデュも選べます。

Primo Passo

  • 薩摩郡さつま町宮之城屋地1542[MAP
  • TEL:0996-53-3616
  • 営/11:30~14:30(L.O.13:30)、19:00~22:00
  • P/3台(他に商店街駐車場あり)
  • 休/日曜日
  • @PrimoPassoPrimoPasso

 

農家そば ヤマサキ

農家そば ヤマサキ「そば定食(かけそば)」

そば定食(かけそば)

自家農場の十割そば

地元の山崎農場が築120年と伝わる古民家を移築・改修し、自家農場のそば粉を使った十割そばを提供しています。

かけそば(570円)、ざるそば(620円)などの単品をはじめ、各種定食も用意。そば定食(かけそば800円・ざる850円)は雑穀米のご飯、唐揚げ、卵焼きなどが付きボリューム満点です。

海老天(120円)、ビッグがんも(280円)、野菜のかき揚げ(200円)などトッピングの追加もできます。土・日・祝日は完全予約制で、平日も予約がお勧めです。

農家そば ヤマサキ

 

菓子処 松屋

菓子処 松屋「チーズケーキ」

チーズケーキ

ご当地名菓とチーズケーキ

創業96年の老舗。和・洋菓子共に修業を積んだ店主が、地元産の厳選した材料を使った菓子を作ります。黄身あんをバター風味の生地で包む「ダム饅頭」(100円)と「つるだせんべい」(10枚190円)は、土産品にも人気のロングセラー商品。

かるかん、高麗菓子などの郷土菓子も並びます。店主お薦めの「チーズケーキ」(箱タイプ1,450円/カット250円)はクリームチーズをたっぷり使い、なめらかな食感です。

菓子処 松屋

  • 薩摩郡さつま町湯田2076-1[MAP
  • TEL:0996-59-2039
  • 営/9:00~19:00
  • P/8台
  • 休/日曜日(月1回)

 

菓子工房 Konomoto

菓子工房 Konomoto

さつま町のシンボル・竹をイメージしたバウムクーヘン

キッズスペースもある洋菓子店

老舗菓子店「湯気院」の洋菓子部門として2016年に誕生。さつま町のシンボル・竹をイメージしたバウムクーヘン「竹林の小径(こみち)」はソフト(1,296円)、ハード(1,404円)の2種類あり、異なる食感を楽しめます。

中央にチーズクリームを詰めた「チーズインバーム」(238円)もお薦め。「気軽にお茶を楽しめる場にしたい」と、キッズスペースを備えたカフェも併設し、竹炭焙煎(ばいせん)コーヒー(330円)を味わいながらくつろげます。

菓子工房 Konomoto

 

菓心 徳丸屋

菓心 徳丸屋

アイデアを凝らした商品たち

リーズナブルなケーキが人気

1938年に創業し、早くから洋菓子を手掛け親しまれてきました。マンゴー、ブルーベリー、ブドウ、イチゴなど、地元産の季節のフルーツをふんだんに使ったケーキは、多くが200円台の手頃な価格。

トロリとした食感の「半熟チーズケーキ」(129円)や、先代店主の自信作「かりんとうまんじゅう」(90円)、地元産サトイモをすり下ろして揚げた「大吉芋ひらめきチップス」(216円)など、アイデアを凝らした商品が並びます。

イートインコーナーではコーヒー1杯無料のサービスもあります。

菓心 徳丸屋

  • 薩摩郡さつま町虎居町13-7[MAP
  • TEL:0996-53-0101
  • 営/9:00~19:00
  • P/15台
  • 休/火曜日
  • tokumaruya

 

新型コロナウイルスの影響で、各店舗や施設の営業時間、定休日などが変更になる場合があります

 

この記事のシリーズ Series of this article

ようこそわが町へ

このシリーズは【ようこそわが町へ】として、南日本新聞生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。南日本新聞販売所を訪ね、地域に住む人にしか分からない町の魅力やおすすめスポット、グルメ情報を紹介する、南日本新聞がつなぐふるさと情報です。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ