この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリアフェリア

長島の「赤土ジャガイモ」のウマさを知った…どハマり確定!

長島の「赤土ジャガイモ」

長島の「赤土ジャガイモ」

赤土の中でうま味凝縮…

3月、青々と茂ったジャガイモの葉が海風に揺れ、島に春の訪れを告げる。長島町では寒さに強く、生育の早い品種のニシユタカを栽培する農家が9割。1月の早春もの、4・5月の春ものと2回に分けて収穫を行う。

「赤土ジャガイモ」収穫の様子(2020年)

昨年の収穫の様子

長島特有の赤土

長島特有の赤土

「ジャガイモと赤土は相性が良い。栄養度の高い粘土質の土がジャガイモをギュッと押し、中身を充実させている」。畑を案内してくれたのは、当時・長島町農林課の桐野雄一郎さんと本田一平さん。

桐野さん、上窪さん、本田さん

左から桐野さん、上窪さん、本田さん。桐野さんは「長島産はうま味が詰まっていて重量感が違う」と話す

桐野さんは農業者団体や関係機関とのつなぎ役。本田さんは東京からのUターンで、土壌診断などを担当している。葉の下の土を掘ると、コロコロと完熟前の小ぶりなジャガイモが顔を出した。

長島の「赤土ジャガイモ」を試し掘り

試し掘りするも、まだまだ未熟な3月のジャガイモ

「春ジャガイモはうま味があり、みずみずしいのが特徴。ポテトサラダやマッシュポテトで食べてほしい」と勧める。

1975年から栽培が始まり、97年に「かごしまブランド」の指定を受けた。「赤土とみんなの協力があったからこそ産地として育つことができた」と田尻自治公民館長の上窪正志さんは振り返る。

田尻自治公民館は、インフラの整備や共有できる重機を導入するなどし、昨年(2020)度の「共生・協働型地域コミュニティづくり推進優良団体表彰」(鹿児島県)の奨励賞を受賞した。

「後継者不足が今後の課題。兼業や女性でも負担なく始められる農業環境をつくりたい」。海を望む段々畑では、次の目標に向かい、着々とスプリンクラーの整備が始まっていた。

海に向かって広がる美しい段々畑

石垣で囲まれた、海に向かって広がる美しい段々畑

赤土ジャガイモ(長島町)

  • 出水郡長島町鷹巣1875-1[MAP
  • TEL:0996-86-1111
  • HP/長島町HP

 

よかもんのススメ…

道の駅 黒之瀬戸だんだん市場

道の駅 黒之瀬戸だんだん市場

ドローンを使って撮影した道の駅の全景。隣接する黒之瀬戸自然公園「うずしおパーク」は、海峡を望む絶景スポット

長島産の水産物や農作物、加工品が並ぶ、黒之瀬戸大橋そばの道の駅。設置するいけすには、近海で取れた天然魚から、養殖ブリ、半養殖の萬サバなどが泳ぎ、午前中は調理師一級資格を持つ社長・栫オサムさんが自ら魚をさばくことも多い。

道の駅 黒之瀬戸だんだん市場店内

4月になると、飛ぶように売れるのが名産の赤土ジャガイモ。1区画4,950円から募集する「春じゃがいも収穫オーナー」(長島町農泊協議会)の窓口も担う。20kgほど収穫でき、「購入するよりもお得。ジャガイモの収穫は力がいらないので気軽に応募を」。収穫のみや農泊体験の相談も受け付けている。

道の駅 黒之瀬戸だんだん市場

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ