この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリア

遠藤彰子さんにインタビュー | アートギャラリー特別編

鹿児島市立美術館「魂の旅 遠藤彰子展」

鹿児島市立美術館「魂の旅 遠藤彰子展」

「魂の旅 遠藤彰子展」(鹿児島市立美術館)を開催中(2021/5/5まで)の遠藤彰子氏に、作風から巨大画の描き方までインタビューしました。

遠藤彰子さんプロフィール

遠藤彰子

1947年東京都生まれ、武蔵野美術短期大学美術科油絵専攻卒業。

86年安井賞展・安井賞受賞、2007年芸術選奨文部科学大臣賞受賞、14年紫綬褒章受章。武蔵野美術大学名誉教授、二紀会委員、女流画家協会委員。

01~03年、10年~現在、南日本女流美術展審査員。1989年に二紀展で500号の『みつめる空』を発表。

以降、500号~1500号の大作に挑み続けている。

絵画に目覚めたきっかけは

子どもの頃から絵を描くのが好きで、先生や親に褒めてもらえるとうれしかったなぁ。短大の美術科を受験した時は、人生で一番勉強をしました。

作風が変わった転機は

20代で訪れたインドの貧富差に人の生と死を見ました。その時感じた「つらいことがあっても死ななければいい」という思いは、一生絵を描き続けたいという決心につながっています。

妊娠中に描いた『部屋』(1976年)は、日記のようにその時の気持ちや思い出を、一日一部屋ずつ描いたものです。(後の『街シリーズ』に影響を与える作品に)

遠藤彰子「部屋/1976/162.0×130.0cm(部分)」

部屋/1976/162.0×130.0cm(部分)

『街シリーズ』は、不安感と楽しさが同居する、抽象性を秘めています。長男の突然の病で意識した、何の前触れもなく暗転する日常、死への恐ろしさに、「『楽園(シリーズ)』のままでは通用しない」と自分の中で考え方が変化しました。

大作シリーズを描き始めたきっかけや描き方は

『街シリーズ』を描きながら迷走していた30代後半から40代前半。「空は上、土は下じゃなくてもいいんじゃないか」と思い、500号の『見つめる空』では二つの空を描きました。

大きな絵は動きがないとだめ。優雅にニュッと動かせるタコを描いたり、火や水を差し込んでみたりと、流動的なものを加えることで四角をいかにして壊すか…。タコは好きじゃないんですけどね。

遠藤彰子「在り過ぐす/2010/333.3×497.0cm(部分)」

在り過ぐす/2010/333.3×497.0cm(部分)

1,500号の『鐘』(2007~08年)で描いたのは、食を中心に普遍的な繰り返しの中で生きる人たち。大きな感覚と小さな日常を絡ませながら、重層的な世界を描きました。

遠藤彰子「鐘/2007-08/333.3×745.5cm(部分)」

鐘/2007-08/333.3×745.5cm(部分)

創作過程について

テーマを決めると、ハガキサイズから構想を始め、白・黒の置き方、バランスなどを考えながらデッサンに2カ月ほどかけることもあります。デッサンは数百枚を超えますが、描き始める時には捨ててしまいます。デッサンに縛られずに、新鮮なイメージで描いています。

集中したい時は電話を切って、夜中から黙々と12時間ほど描き続けることも。大きさの違う5つの脚立を使って描きます。体力には自信があります。マラソン大会はいつも1番の子についていって2番、中学時代には陸上の砲丸投げをしていました。

鹿児島での展覧会「魂の旅」について

作品に添えた説明書きを読みながら、近づいてみたり、遠くから眺めてみたりとお楽しみください。これからも、毎年1作ずつ描き続けます。

遠藤彰子さん描写中
遠藤彰子さん作品

 

魂の旅 遠藤彰子展

鹿児島市立美術館「魂の旅 遠藤彰子展」

  • 期間:2021年5月5日(水・祝)まで
  • ところ:鹿児島市立美術館[MAP]9:30~18:00
  • 入場料/一般・大学生:1,200円(前売り=1,000円)、小・中・高校生:600円(前売り=500円)
  • 主催/鹿児島市立美術館、南日本新聞社
  • 特別協賛/光学堂
  • 協賛/竹添不動産

鹿児島市立美術館「魂の旅 遠藤彰子展」

 

親子で挑戦!クイズラリー人気です!

「木の中に隠れている鳥は何羽いるでしょう」「猫が見つめている虫は何?」巨大画を鑑賞しながら、クイズの答えを探そう!

鹿児島市立美術館「魂の旅 遠藤彰子展」クイズラリーの模様

「魂の旅 遠藤彰子展」クイズラリーの模様

大人も楽しめます。

 

この記事のシリーズ Series of this article

Art Gallery

「Felia!」は、鹿児島のアーティストを応援しています。あなたも南日本新聞フェリア紙面のコーナー「アートギャラリー」で作品を発表してみませんか。
★応募規定★
鹿児島県に縁のある人が対象。自薦・他薦、ジャンルは問いませんが、近作(賞受賞作品を除く)に限ります。
住所、名前(ふりがな)、生年月日、電話番号を書いた用紙に作品の全体が分かる写真かデータ(返送不可)を添えて、郵送かメールでご応募ください。応募者全員の作品が掲載されるとは限りません。掲載決定者には前もって連絡します。
送り先は〒890-8603 南日本新聞社フェリア編集室「アートギャラリー」係。
メールは「felia@373news.com」まで。
問い合わせはフェリア編集室=099-813-5069。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ