この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
てぃーたいむてぃーたいむ

花瀬自然公園で藤の花に包まれる。美しい景観に鬼はいない | 錦江町

花瀬自然公園で藤の花に包まれる。美しい景観に鬼はいない

花瀬自然公園で藤の花に包まれる。美しい景観に鬼はいない

藩主も愛した名勝…

錦江町西端の六郎館岳(ろくろうかんだけ)を水源とし、鹿児島湾へ注ぐ雄川。流域の同町田代地区では、溶結凝灰岩の川床が幅約100m、長さ約2kmにわたって石畳のように続き、さざ波が花のように見えることから花瀬川と呼ばれています。

花瀬川の川床

溶結凝灰岩の川床が石畳のように続く

川岸には町花・ヤマフジが自生し、歴代の薩摩藩主も花と石畳の景観を楽しみました。

花瀬自然公園の藤

花瀬自然公園の藤

推定樹齢100年にちなんで名付けられた「白寿のふじ」もあり、近くの花瀬でんしろう館[MAP]前の坂にも桜と藤棚が並び、桜の時季が終わると14本の藤が花を咲かせます。

花瀬公園「オートキャンプ場」

花瀬公園オートキャンプ場

周辺にはバンガロー村やオートキャンプ場もあります。

花瀬自然公園

  • 肝属郡錦江町田代川原4264-1(花瀬でんしろう館)[MAP
  • 料/入園無料
  • P/16台
  • 休/なし
  • 問/花瀬でんしろう館=0994-25-3838(水曜休館)
花瀬自然公園に鬼はいない

4月中旬から見頃を迎える藤。人気アニメの中では鬼が嫌う花として登場し、藤棚が美しい名所が全国的に注目されています。県内の名所を周辺の見どころと共に紹介します。

天候や気象状況などにより、開花期・規模は変わります。

 

この記事のシリーズ Series of this article

話題のスポット

このシリーズは【話題のスポット】として、南日本新聞 生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。衣食住などテーマを設け、人気のスポットを紹介します。旅・ドライブのご参考にどうぞ。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ