この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

旅・お出かけ
フェリア

仙巌園の挑戦。マイクロツーリズム時代にフィットする観光名所へ

名勝 仙巌園から望む桜島

名勝 仙巌園から望む桜島

個人旅行の時代。見せ方を模索…

コロナ下の2021年2月、休園中の園内には静かに咲き誇る梅の花。「来年こそはお客さまにも楽しんでもらいたい」。広報担当の鶴園なつみさんは、SNSやメディアを通して、変わらない園内の四季を発信し続けていた。

名勝 仙巌園「梅の花」

園内に咲き誇る梅の花

名勝 仙巌園「広報担当・鶴園なつみさん」

広報担当・鶴園なつみさん

「団体から個人へ、これからはマイクロツーリズムの時代」と模索し、19年に終えたリニューアル。自由に散策する個人客向けに休憩できるベンチを増やし、世界文化遺産・反射炉跡前には、そのストーリーを説明する施設を新設した。

名勝 仙巌園「鹿児島世界文化遺産オリエンテーションセンター」

反射炉の仕組みなどを説明する施設「鹿児島世界文化遺産オリエンテーションセンター」

1月からはアマゾン社と提携し、完全予約制・1回1組限定で海外客向けの園内を巡るオンラインツアーに挑戦。「2月で20件以上の予約が入り順調。実際に行ってみたいと思ってもらえたら」と新たな可能性に期待を込める。

名勝 仙巌園「通訳案内士・堀切美貴子さん」

オンラインツアーでガイドする通訳案内士・堀切美貴子さん

仙巌園内にも登場するキッチンカー

「桜島溶岩コーヒー」「温州みかんジュース」など鹿児島ならではの商品を販売

「仙巌園の名の由来は中国の景勝地。池にある八角形のくぼみは風水の影響、釘隠には中国でおめでたい生き物とされるコウモリをあしらう」。

名勝 仙巌園「御殿」

御殿

名勝 仙巌園「御殿にあるコウモリ柄の釘隠」

コウモリ柄の釘隠

名勝 仙巌園「御殿にある桜島大根の

鹿児島らしい桜島大根の釘隠

入社3年目、鶴園さんの目には地元の人も知らない仙巌園の隠れた魅力が映る。時代の流れに合わせ、新たな見せ方の掘り起こしに懸命だ。

名勝 仙巌園「御殿から望む桜島」

御殿内から望む桜島

名勝 仙巌園

 

老舗・名店の挑戦

世代を越え歴史を紡ぐ老舗や、こだわりの品を提供する地域の名店。コロナ禍で試練にさらされながら、新商品開発や新業態への進出で生き残りを図っています。変化を恐れず新たな伝統や定番商品づくりを模索する、老舗・名店の挑戦を追いました。

 

この記事のシリーズ Series of this article

フェリアの特集から

フリーペーパーフェリアで特集した内容を、気が向いたらweb上でご紹介する特別コーナー!! グルメ・お出かけ・ビューティーなど、様々なジャンルのコンテンツをお届けします。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ