この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

ファッション・美容
フェリアフェリア

美腸アドバイザー|不調な体を腸から健康に美しく、ハッピーに

クローズアップ 美腸アドバイザー 宮原 梢恵さん

美腸アドバイザー|不調な体を腸から健康に美しく、ハッピーに

宮原 梢恵さん
(鹿児島美腸Armeria代表/鹿児島市)

消化や吸収、排泄などの機能を持つ「腸」。腸内環境の良しあしが精神状態に影響を及ぼすともいわれ、雑誌やテレビでたびたび腸活特集が組まれるなど、近年、その働きが大きな関心を集めている。

不調をきっかけに、美腸の道へ

「美腸」を提唱し、腸の健康から心身の好調を得ようと活動する、一般社団法人日本美腸協会の認定講師。食事や運動、生活習慣の改善を指導し、実際に腹部にマッサージを施す「腸もみ」をすることで、不調に悩む人を手助けする。

一口に不調、と言っても症状はさまざま。便が出ない、ゆるい、また生理痛や生理不順など、それぞれの悩みや腸のタイプに合った解決法を探る。

「腹部を触ると、腸の動きが悪くなっていることが分かります」。便秘に苦しみ腸もみを受けた人が、後日、「毎日出ます!」と笑顔で報告してくれるときの喜びは大きい。

専門学校を卒業後、鹿児島空港で大手航空会社のグランドスタッフを10年半務めた。お客さまが安心・安全に、かつ心地よく搭乗できるよう、集中力と高い意識が求められる仕事だ。

大好きだったが、忙しさの中、自身の頑張り過ぎる性格も相まって、ストレス性の腸の病気に。「無理をしていたんだと思う。いつもイライラしていて、後輩に当たることもあったな」と、当時を振り返る。

30歳で、思い切って転職。ある日、何気なくのぞいていたSNSで「美腸」の二文字を見つけ、心が動いた。1週間後、福岡で腸もみの施術を受けると、あまりの気持ち良さに寝てしまった。3カ月後には「気が付いたら指導ができる資格を取っていた」。

それまで10日間に1回ほどだった便通が、1日に何回もあるなど、腸活による体の変化を実感。むくみや肌荒れが改善し、腸の病気も完治した。

皆が健康で、幸せに過ごせたら

腸のスペシャリストとして起業し、活動する今、「自分が好き」と語る表情がまぶしい。「今でも心身の調子に波はある。けれど、悪いときは休むなど、自分の声を聞いて過ごせるように。生きやすくなった」

今後は腸もみの施術などを行うサロンをオープンさせる予定。「腸から健康に美しく、ハッピーに」をモットーに、多くの人の健康を支える。

set-CloseUp2

宮原 梢恵さん
プロフィール

薩摩川内市出身。鹿児島レディスカレッジ卒業後、JALグランドスタッフとして10年半、鹿児島空港に勤務する。美容部員を経て、起業。腸もみや美腸の講義を行うほか、講師の育成にも力を入れる。屋号のArmeria(アルメリア)は、ハワイの花言葉で「おもてなし」を意味する花の名前。鹿児島美腸Armeria=080-9585-4037

今これに夢中です
「本格焼酎」

 第4代ミス薩摩焼酎として2018年から焼酎のPRに関わっています。コロナ前は国内や海外を回って活動。多くの方や蔵元さんとの出会いがありました。年中、お湯割りですが、最近はソーダ割りも好きです。

資格について

日本美腸協会認定講師、美腸エステ認定セラピスト、美腸アドバイザー、アスリートフードマイスター、焼酎マイスター

今後の目標」

腸もみやカウンセリングを行うサロンを、春ごろに開店する予定です。身も心も軽くなった!と感じていただける空間にしたいです。活動を通して美腸の輪を広げていきたい。

 

この記事のシリーズ Series of this article

Close up

鹿児島で働く女性たちを紹介しているFelia!の『クローズアップ』。いろいろな職場で輝いている彼女たちの姿や、これまでの足取りをご紹介します。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ