この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
てぃーたいむ

麺処はるかと、日本遺産「垂水麓」を散策する(垂水市)

麺処はるかと、日本遺産「垂水麓」

麺処はるかと、日本遺産「垂水麓」

実は…ピーナツバターが隠し味!

霧島市のホテルなどで腕を磨いた岩川夏樹さんが営むラーメン店で、看板メニューは担々麺(750円)と担々麺のスープを使ったまぜそば(750円)。

麺処はるか「担々麺」と「まぜそば」

「担々麺」と「まぜそば」


中太の卵麺に温泉卵などをトッピングし、スープにピーナツバターを加えることで辛さの中に絶妙なうま味と甘味を出しています。担々麺は黒ごまだれを使った「黒」(800円)もあります。

麺処はるか

麺処はるか

  • 垂水市上町112[MAP
  • TEL:0994-37-0334
  • 営/11:30~14:00、18:00~20:00 しばらくはお昼のみの営業となる様子。Facebookで確認を。
  • P/無し
  • 休/木曜、第3日曜の夜
  • 麺処はるか
お城とコーヒーアイコン

垂水麓へ。格式高い島津一門家の麓町

垂水島津家は加治木、重富、今和泉とともに島津一門家の格式ある家柄で、明治維新まで約260年にわたり垂水の地を治めました。

垂水麓は1611(慶長16)年に築かれた林之城(はやしのじょう)を中心に整備され、現在城跡には垂水小学校が立ち、木造長屋と石垣が残されています。

垂水麓「林之城跡」

林之城跡

住宅地には麓時代からの通り名も残り、石垣や武家門も見られます。国指定史跡の垂水島津家墓所には歴代領主のほか、篤姫より先に徳川13代将軍家定の後妻候補に名前が挙がった八百姫(やおひめ)など一族の墓碑が並びます。

垂水麓「垂水島津家墓所」

垂水島津家墓所(宝厳山心翁寺跡)

 

垂水麓「殿加神社」

殿加神社

垂水市立図書館[MAP]から林之城跡まで約750m、林之城跡から垂水島津家墓所まで約900m。

お城とコーヒーアイコン

県内には、江戸時代に薩摩藩が外敵の攻撃に備えて設けた武士の集落「麓(ふもと)」が各地に残されています。2019年に文化庁の「日本遺産」に認定された麓12地区の中から1地区を紹介します。周辺のグルメスポットと一緒に訪れてみませんか。

 

この記事のシリーズ Series of this article

話題のスポット

このシリーズは【話題のスポット】として、南日本新聞 生活情報誌てぃーたいむに掲載されたものです。衣食住などテーマを設け、人気のスポットを紹介します。旅・ドライブのご参考にどうぞ。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ