この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
フェリアフェリア

南州農場「くろぶたの丘」で、かごしま黒豚を美味しく召し上がれ♪

くろぶたの丘(南州農場)

レストラン「KUTON(くーとん)」の炭火焼黒豚肩ロースステーキ

ブランド豚を生産する誇り、おいしさ作るプロの技…

季節の花々が彩る霧島ケ丘公園内、黒豚商品に特化した施設「くろぶたの丘」が2020年6月にオープンした。1、2階に加工場、4階にレストランや加工品直売所、テイクアウトショップなどを備える。

くろぶたの丘(南州農場)

施設内にある、黒豚・黒牛の加工商品を販売する「KUROMARCHE(くろまるしぇ)」


くろぶたの丘(南州農場)

天気の良い日は、開聞岳を望むことができる施設の屋上

経営するのは、黒豚を生産・処理・加工・販売まで一貫体制で行う南州農場だ。

「かごしま黒豚」には、一般的な豚よりも長い飼育期間や、飼料に一定の割合のサツマイモを加えるなど、ブランドを守るための定義がある。

「豚は頭が良く、ストレスを感じやすい動物。飼育環境も肉質に影響する」と営業担当の本釜洋寿さん。

広大な土地と自然に恵まれた大隅の地で、時間と手間をかけ、丁寧に育てている。

くろぶたの丘(南州農場)

広大な土地と恵まれた自然の中で育てられたかごしま黒豚

加工品製造の指揮をとるのは、16年間ドイツでハム・ソーセージの加工を学び、ドイツ食肉マイスターを取得した小林良子さん。

「日本人に評価される味を」と培った技術や知識を生かし、新商品開発にも挑む。

くろぶたの丘(南州農場)

本釜さん(左)と小林さん

小林さんが開発した「黒毛和牛熟成生ハム」は、2019年の特産品コンクールで最高賞を受賞した。

くろぶたの丘(南州農場)

無添加ウインナー「ノン・アッド」の製造工程。死後硬直が始まる前に、素早くカット、加工する

ウインナーのぷりっとした食感には、脂と水を乳化させるリン酸塩(食品添加物)が通常欠かせないが、“温と体”と呼ぶ新鮮な黒豚を使うことで、豚が持つ本来の力(成分)を生かし、無添加で製造することができる。

くろぶたの丘(南州農場)

見学コースから見た、ウインナー製造の様子

「時間との戦い。近場に自社農場や食肉処理施設を持ち、徹底された衛生管理下でなければできない製造方法」。

個体差を見極め、味を調整する仕事は、豚の生態から学んだプロにしか成し得ない技。「大切に育て、注いだ愛情がおいしさにつながっている」

ウインナーとフランクの違い

日本では
羊腸🐑を使うものをウインナー
豚腸🐖を使うものをフランクと呼ぶ。

ソーセージは総称で、ウインナーもフランクもソーセージの一種。

くろぶたの丘(南州農場)

南州農場DINING KUTON
くーとん

  • TEL:0994-47-3929
  • ランチ/11:30~L.O.14:00
  • ディナー/17:00~L.O.21:00
  • 休/毎週水曜・他
  • HP/南州農場DINING KUTON

KUROMARCHE
くろまるしぇ

  • TEL:0994-47-3986
  • 営/10:00~17:00
  • 休/毎週水曜・他
  • HP/KUROMARCHE

 

よかもんのススメ…

焼肉 南州農場

焼肉 南州農場

鹿児島黒毛和牛のロース、カルビ、丸腸など。「ファミリーセット」(7,800円・3人前)

南州農場直営の焼肉店。「地元産の最高の肉を、地元で味わってもらいたい」と店舗を担当する蛭川智樹さん。

A5ランクのオリジナル黒毛和牛ブランド「南州黒牛」、自社こだわりのウインナーなどを直営店ならではの価格で提供する。

焼肉 南州農場

個室を完備!南州農場の味をご堪能いただけます♪

「食べてほしい味」と珍しい部位も提供し、希少部位の「上トントロ」は1人2枚サービスする(乳児を除く)。

「サーロインステーキ」(4,980円・200g)と「リブアイステーキ」(3,980円・150g)は、月~木曜限定で1組1枚半額に。うれしい各種サービスも人気の秘訣だ。

焼肉 南州農場

  • 鹿屋市田崎町464-5[MAP
  • TEL:0994-41-8198
  • 営/17:30~22:00
  • 休/水曜
  • HP/焼肉 南州農場

 料金は全て税抜き


 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ