この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
フェリアフェリア

まぐろラーメンにかける夢~「漁師のまち」復権に向け、味を競う

まぐろラーメン

いちき串木野市の7店舗が味を競う「まぐろラーメン」

熱々スープで変化するマグロの赤身…

透き通る熱々のスープに、特製ダレに漬けたマグロをのせれば、少しずつ赤身の色が変わり―。レアのままいただくか、もう少しスープにくぐらせるかは好みで…。上品なうま味が口いっぱいに広がる。喉ごしの良い縮れ麺に合わせるのは、マグロの頭で取っただし。

「味工房みその」のまぐろラーメンは、野菜や和風白だしを加えたあっさり塩しょうゆ味。魚特有の生臭さはない。「みその」は、串木野まぐろラーメン共栄会の立ち上げ時から携わる。

共栄会の松田淳さん(右)と﨑野正邦さん

串木野まぐろラーメン共栄会の松田淳さん(右)と﨑野正邦さん「各店で競い合い、味を磨いてきた」


19年前…「マグロで町おこしを」

同会の始まりは19年前。新幹線開通を前に、観光協会から「マグロで町おこしを」と声が挙がった。いちき串木野市は、遠洋マグロはえ縄漁船の船籍数日本一。マグロの町として栄えたが、水揚げ量は減り、関連商品もなかった。

遠洋マグロはえ縄船を見送る

遠洋マグロはえ縄船を見送る

キハダマグロの水揚げ風景

キハダマグロの水揚げ風景

試行錯誤…1,700食を2日で売り切った

「当時はラーメンブーム。製麺会社として商品開発に携わり、試行錯誤の日々だった」と、開発メンバーの一人、イシマル食品専務の松田淳さんは振り返る。スープベースとトッピングにマグロを使うことを総意とし、「スープ用の頭はスライスして、表面をあぶることで臭みを消した」。

1年後、「串木野マグロフェスティバル」では1700食を2日間で売り切る。「行列ができるような味を」という開発初期の夢をかなえた。

イシマル食品の製麺工場

イシマル食品の製麺工場

イシマル食品の製麺工場

即席麺や袋麺も製造する

7店舗が個性を競う「食べ比べ楽しんで」

7店舗、それぞれがベースのマグロスープに個性を加え、オリジナルの味で勝負。共栄会会長を務める「酔匠の里」店主の﨑野正邦さんは、東京や博多でラーメン修業の経験があり、とんこつみそ味のまぐろラーメンを生み出した。「食べ比べを楽しんで」

串木野マグロフェスティバル

毎年4月下旬に開催される「串木野マグロフェスティバル」。※2020年は中止

串木野まぐろラーメン共栄会(イシマル食品内)

  • いちき串木野市西薩町17-9[MAP
  • TEL:0996-32-2061

 

まぐろラーメンMAP

まぐろラーメンマップ

まぐろラーメンマップ

味工房 みその

  • MAP
  • TEL:0996-33-0808

ゆのまえ食堂

  • MAP
  • TEL:0996-32-3340

大衆中華 蘭蘭

  • MAP
  • TEL:0996-32-8768

居酒屋 酔匠の里(花もん)

  • MAP
  • TEL:0996-32-1197

みその食堂

  • MAP
  • TEL:0996-33-6321

和風レストラン和楽路

  • MAP
  • TEL:0996-32-0781

まぐろの館 松榮丸

  • MAP
  • TEL:0996-29-5517

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各店舗の営業時間、定休日などが変更になる場合があります。

 

この記事のシリーズ Series of this article

鹿児島よかもん紀行

鹿児島ならではの良いモノ=『よかもん』の数々を、フェリアが取材しました。「よかもん」を作っている、売っている場所近くのスポット情報もあり!

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ