この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

おもしろ
フェリア

プロはコーヒー豆と会話して、焙煎するのだ

コーヒーの個性を引き立てる焙煎には、人間の思いがこもる

焙煎によって引き立つ個性…

コーヒーは、コーヒーの木になる果物の種で、完熟した果実はテロワール(生育環境)や品種、生産処理方法などによって、風味や味、香りなど驚くほど個性が出ます。

その個性は、生豆の状態ではまったく現れません。火を使いこなして焙煎することで、初めてその豆の持っているキャラクターと出合えるのです。これがうまくいかないと、生焼けの青っぽい味になったり、焦げて苦いだけのコーヒーになったりします。

コーヒー豆との会話が焙煎のポイント

焙煎の楽しいところは、コーヒー豆との会話。焙煎中にコーヒー豆に向き合っていると、じゃじゃ馬な子がいたり、おとなしいけど頑固でなかなか心を開いてくれない子がいたりとさまざまですが、耳を澄ましながら香りを感じていると、コーヒー豆が自ら焙煎の方法を教えてくれるのです。

それに合わせて炎を調整していくと、甘い香りに香ばしさが加わり、やがてキャラクターが「こんにちは!」と顔を出してきます。その瞬間は一度しかなくまさに「一期一会」。

このような過程を経て生まれたコーヒー豆を、自分でひいて、抽出して、お気に入りのカップでお気に入りの音楽を聞きながら至福のひととき。コーヒーはシンプルに火と水だけで調理しているのに、こんな豊かな気持ちにさせてくれる素晴らしい飲み物なんです。

珈琲のおいしい話ロゴ

教えてくれた人

VOILAコーヒー

日本一元気な旨い珈琲豆専門店
ヴォアラ珈琲

鹿児島県内に4店舗展開中

この記事のシリーズ Series of this article

珈琲のおいしい話

このシリーズは鹿児島県内に4店舗を構えるヴォアラ珈琲さんが、コーヒーをこよなく愛する方々に、「読んでおいしいコーヒーのお話」をお届けします。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ