この記事のシリーズSERIES

プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

グルメ・レシピ
フェリア

ラム肉の火鍋 | 医食同源! モンゴルの家庭料理

さまざまな漢方や香辛料を使う…

寒さが厳しい内モンゴル自治区ではおなじみの家庭料理。現地では火鍋は「医食同源」の意識が強く、さまざまな漢方や香辛料を使うのだそう。肉質が繊細で消化にいいとされるラム肉と、お好みの野菜をたっぷり入れてヘルシーに温まりたい。

世界のあったか料理レシピ

~材料~(4~5人分)
  • ラム肉:250g
  • 白菜:1/8個
  • マイタケ:1株
  • 春菊:2株
  • ホウレンソウ:4株
  • 木綿豆腐:1/2丁
  • サツマイモ:1本
  • えび団子・キクラゲ・糸コンニャク:適量
  • 長ネギ:2本
  • ニンニク:3片
  • ショウガ:適宜
  • 花椒(中国山椒):小さじ1
  • ナツメ:5~6個
  • クコの実:小さじ1
  • 水:適宜
  • 塩:適宜
  • サラダ油:小さじ1
~作り方~
  1. フライパンにサラダ油を入れ熱し、花椒をスライスした長ネギとニンニク、ショウガと一緒に焦がさない程度にいためる。
  2. 香りが出てきたら花椒を取り除き(そのままでもいい)、①を鍋に移し替え、水を加えて煮立たせる。沸騰してきたらナツメとクコの実、塩を加える。水の量は具材の量に応じて調整する。
  3. ②に食べやすく切っておいた具材を入れる。煮くずれしないものから順に加え、最後に葉物野菜を入れて弱火で3分ほど煮立てる。

教えてくれた人

ラム肉の火鍋_白艶梅さん

白 艶梅(パイ ヤンメイ)さん
鹿屋市 / 中国(内モンゴル自治区)

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)で、農業研修などで訪れる外国人への指導やサポートなどを行っているパイさんは中国・内モンゴル自治区出身。同国と日本の大学で学んだ温室栽培の水管理のエキスパートだ。

この記事のシリーズ Series of this article

作ってみよう♪世界のあったか料理

鹿児島でも入手しやすい材料で世界のあったか料理のレシピをご家庭に。

記事一覧を見る

こちらの記事もどうぞ